大谷翔平、水原氏めぐる経緯を説明

エンタメNEWS2024年3月26日9:11 AM

大谷翔平 (C)ORICON NewS inc.

 元通訳の水原一平氏をめぐる違法賭博疑惑の渦中にある米MLB・ドジャースの大谷翔平選手が日本時間26日早朝、自らの口で声明を発表した。

【写真】WBC優勝から1年…大谷翔平が残したWBC決起集会に水原一平氏の姿


 「僕自身は何かに賭けたりとか、誰かに代わってスポーツイベントに賭けたりとか、それをまた頼んだりということはないですし、僕の口座からブックメーカーに対して誰かに送金を依頼したことももちろんまったくありません」と明言した。

 説明をまとめると、まず大谷自身がスポーツ賭博に関与しているのではと取材連絡が入ったが、本人には伝えられなかった。その一方で、水原氏は大谷の代理人らに対して「僕(大谷)はすでに彼(水原氏)と話してコミュニケーションをとっていたということを、嘘をついていました」という。

 そして、大谷が問題を知ったのは、韓国での開幕シリーズ第1戦後だとした。ホテルで水原氏と2人で話し、「僕の口座に勝手にアクセスしてブックメーカーに送金していた」事実を聞いたと説明した。

 大谷はショックをにじませながら「ここからは弁護士の方々にもお任せしますし、僕自身も警察当局に全面的に協力したいなと思っています」とし、「気持ちを切り替えるのは難しいですけども、シーズンに向けてまたスタートしたい」と語った。

■コメントほぼ全文

まず皆さん、来ていただいてありがとうございます。僕も話したかったのでうれしく思っていますし、チームの関係者の皆さん、僕自身もそうですけど、ファンの皆さんもほぼ1週間ぐらいですかね、厳しい1週間だと思うんですけども、メディアの皆さんも含めて我慢とご理解をしていただいたのはすごくありがたいなと思っています。

まず、僕自身も信頼していた方の過ちというのを、悲しくというか、ショックですし、今はそういうふうに感じています。

現在進行中のきょう話せることにまず限りがあるというのもご理解いただきたいなということと、またきょうここに詳細をまとめた、分かりやすく皆さんにお伝えするためにまとめたメモがありますので、そちらの方に従って何があったのかというのをまず説明させていただきたいなと思います。

まず初めに、僕自身は何かに賭けたりとか、誰かに代わってスポーツイベントに賭けたりとか、それをまた頼んだりということはないですし、僕の口座からブックメーカーに対して誰かに送金を依頼したことももちろんまったくありません。

本当に数日前まで彼がそういうことをしていたっていうのもまったく知りませんでした。結論から言うと、彼が僕の口座からお金を盗んで、なおかつ、みんな、僕の周りもそうですし、みんなに嘘をついていたっていうのが、結論からいうとそういうことになります。

まず初めに言うと、先週末、韓国ですね、僕の代理人に対してメディアの方から、私が違法なブックメーカーから、僕が関与しているのではないかという、スポーツ博打に、賭博について関与しているのではないかという打診が、連絡がありました。一平さんは僕にこういった取材の依頼があるということをまず僕には話していなかったし、僕の方にそういう連絡はまず来ていなかったということ、まず初めに代理人には一平さんは僕と話して分かったのは、一平さんにではなく、某友人の借金の肩代わりとして支払ったというふうに、僕の代理人も含めてみんなに話していました。

その翌日にさらに尋問で、一平さんは僕たちの代理人に対して、借金は自分のもの、つまり一平さん自身が作ったものだということを説明しました。それを僕が肩代わりしたという話をその時に代理人に話したそうです。

そしてこれらは全く全てが嘘だったっていうことですね。

一平さんは取材依頼のことも僕にはもちろんその時に伝えていなかったですし、代理人の人たちに対しても、僕はすでに彼と話してコミュニケーションをとっていたということを、嘘をついていました。

(通訳に聞かれ、補足)僕もそうだし、代表、チームもそうですね、チームも、代理の人たちに対しても、つまり僕とコミュニケーションをとっていたっというふうに嘘をついていました。

そして、僕がこのギャンブルに関しての問題を初めて知ったのは、韓国での第1戦が終わったあとに行われたチームミーティング、試合の後のチームミーティングの時です。

そのミーティングで彼は全部英語で話していたので、僕に通訳もその時ついていなくて、全て英語で話していたので、完全には理解でできていなくて、なんとなくこういう内容だろうなっていうのはおそらくは理解はできていましたけど、なんとなく違和感をその時は感じていました。

その時彼は僕に対して、ホテルに帰った後で2人でより詳しいことを2人で話したいので今は待ってくれというふうに言っていたので、僕はまずその時はホテルまで待つことにしていました。僕は一平さんがその時にキャンブル、ミーティングの時にギャンブルの依存症だっていうのは僕はもちろん知らなかったですし、彼が借金をしていることもそのミーティングの時はもちろん知りませんでした。

僕は彼の借金返済にももちろん同意、その時も同意していませんし、ブックメーカーに対して彼に送金をしてくれと頼んだこともちろん、許可したことももちろんないです。

そのあと試合後ホテルにえ戻って一平さんと初めてそこで話をして、彼に巨額の借金があることをその時に知りました。彼はその時、私に口座を勝手に、僕の口座に勝手にアクセスしてブックメーカーに送金していたということを僕に伝えました。僕はやっぱりおかしい、これはおかしいなと思って、代理人と話したいということで、代理人たちを呼んで、そこで話し合いました。

話を終わって、これを聞いて、僕の代理人にもやっぱり彼に嘘をつかれていたということを初めて知って、すぐにドジャースの皆さんと弁護士の人たちにその時に連絡しました。そのドジャースの皆さんも、代理人の人たちも、彼らもその時に初めて自分たちも嘘をつかれていたということをその時に知りました。そして僕が、弁護士の人たちはこれは窃盗と詐欺のことなので、これを警察の当局に引き渡すという報告をその時にしました。

これがそこまでの流れなので、僕はもちろんスポーツ賭博にはもちろん関与していないですし、ブックメーカーに、さっきも言いましたけど、送金をしていたという事実はまったくありません。

正直ショックという言葉が正しいとは思わないですし、それ以上のうーん、うまく言葉では表せないような感覚でこの1週間ぐらいはずっと過ごしてきたので、今はそれをうまく言葉にするのは難しいなと思っています。ただ、もうシーズンも本格的にスタートするので、ここからは弁護士の方々にもお任せしますし、僕自身も警察当局に全面的に協力したいなと思っています。

なので、気持ちを切り替えるのは難しいですけども、シーズンに向けてまたスタートしたいですし、きょうまずお話できてよかったなとも思っているので、きょうは質疑応答はこれが今お話できる全てなので質疑応答はしませんが、これからさらに進んでいくと思います。以上です。ありがとうございました。

関連リンク

【動画】大歓声の中…妻と目を合わせてほほえむ大谷翔平
【動画】大谷翔平夫妻が笑顔で寄り添う…ドジャース公式Xが動画公開
【写真】大谷翔平夫妻、通訳の一平さん、山本由伸…豪華ショット公開
大谷翔平、日本人女性との結婚報告「2人で力を合わせ支え合い」【報告全文】
【写真】会場大盛りあがり!デビュー戦でホームランを決めた大谷翔平

カテゴリ

その他

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320013/full/?anc=271

< >

Page Top