奄美大島で捕らわれた猫の変貌

#捕らわれ#ボランティア#奄美大島

エンタメNEWS2022年7月29日7:30 AM

奄美大島からやってきた蒼ちゃん(写真:ねこけんブログより)

 NPO法人『ねこけん』のボランティアメンバーが保護した蒼(あお)ちゃんは、奄美大島で危うく殺処分されそうになったところを救われた猫。奄美大島といえば、2021年に世界自然遺産に登録された自然豊かな場所だが、実はそこで暮らす「ノネコ」と言われる猫たちが危機に瀕しているという。一体何が起こっているのか? 蒼ちゃんの現在とともに、代表理事・溝上奈緒子氏に聞いた。

【ビフォーアフター】「人間なんて嫌い!」からの「幸せ居眠りクリームパン(涙)」、シャーシャー猫が愛を知り変わった!

■奄美大島からやってきた蒼ちゃん、「ノネコ管理計画」を疑問視する保護団体も

 蒼ちゃんは、むっちりボディで短足&内股、O脚のように見える模様が魅力のオス猫。遠く、奄美大島からボランティアメンバーの元にやってきた。本来ならば、奄美大島で平和に暮らしているはずだった蒼ちゃんだが、そうもいかなくなった。島が世界自然遺産に登録された前々年の2018年、飼い主のいない猫「ノネコ」を初年度300頭を捕獲予定、その後10年捕獲を続けるという「ノネコ管理計画」がスタートし、現在も継続しているのだ。

 奄美市のHPには、「奄美大島の生態系保全を目的に環境省・鹿児島県・奄美大島5市町村が共同で『奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画』を平成30年3月に策定いたしました」とある。計画は、2027年までの予定。実施された理由は、ノネコが希少な野生動物(アマミノクロウサギなど)を捕食しているから。この計画により捕獲された猫は一時的に収容されるが、譲渡先が見つからない場合は殺処分が可能になるという(同時に、飼い猫の遺棄やみだりな繁殖を防止する啓もうも行っている)。

 「ウサギを捕食すると言いますが、ウサギの死因の多くは交通事故と言われています。ノネコといっても、Vカット(不妊・去勢手術済)されていたり、人に慣れた捨て猫も多いんです。もしこうした行為が世界に知れわたったら、批判の対象になるのではないでしょうか」

 実際、ノネコが希少な野生動物を捕食することはゼロではないだろうし、奄美市のHPの資料には、そうした写真も掲載されている。だが、一方を生かすために一方を大量に捕獲、殺処分することに疑問を感じる人は多い。

 ノネコ管理計画に反対する愛護団体が立ち上がり、猫を救うプロジェクトが現在も続いている。捕獲された猫たちを救出し、東京などに輸送して新たな生きる道を見つけるというものだ。ただ、「収容先から引き出すにしても、とてもハードルが高くて。許可を取って引き出せる人が決まっているため、その人を経由して救い出すしかない」と、厳しい実情もあるようだ。

 蒼ちゃんも、そうした経緯をたどってやってきた猫の1匹。「これまでも奄美大島から来た猫はいましたが、ほとんどボランティアメンバーが個人で預かっていました」という。前述のとおり、奄美の収容先から猫を引き出せる許可のある人は決まっており、『ねこけん』で直接保護をすることができない。許可のあるボランティアが引き出し、『ねこけん』メンバーが個人で受け入れ。その後、『ねこけん』の譲渡会で里親を見つけているという。このように複雑な経緯はあるものの、「新たな家族を見つけて幸せへと送り出すのに、なんら分け隔てはありません。みんなが安心して幸せになる橋渡しができるなら、どこからでも受け入れていますから」と、メンバーたちの決意は固い。

 こうして、メンバー宅で暮らすことになった蒼ちゃん。だが、その愛嬌あるビジュアルに反して、蒼ちゃんは何をしてもシャーシャーと威嚇し、猫パンチを繰り出す。まったく慣れることがなく、まるで「人間なんて嫌い」と言っているようだった。

 「おそらく、捕獲されたときの影響もあると思います。捕獲する人は保護ボランティアではないので、猫にとっては怖いこともあったのでしょう」

 このまま慣れることはないのではないか…。そんな不安を抱きつつ、威嚇され、手指を引っかかれて流血しながらも、ボランティアメンバーは蒼ちゃんを懸命にケアした。すると、人間嫌いだった蒼ちゃんはだんだん近づいても逃げることがなくなり、キャットタワーの影からも出てきた。そうしていつしか、人がいてもぐっすり眠れるようになり、抱っこをさせてくれるまでに。気が付けば、人間のことが好きな甘えん坊に変貌していた。きっと、これが本来の蒼ちゃんなのだろう。

 「人間と一緒に生きて行こうね!」と何度も語りかけたメンバーの努力と愛情が、人間の都合で生活の場を奪われ、捕らわれた蒼ちゃんの心を開いた。多くの人が必死に動き、助け出し、つながった大切な命だ。

 蒼ちゃんは今、譲渡会で「家族に迎えたい」と申し出てくれた人の元で、のんびりと暮らしている。故郷の奄美大島から遠くはなれた地で、人間の愛情を知った蒼ちゃん。本当の家族と、これからも末永く、安心して暮らしてほしいものだ。

※7月29日11:45に一部修正しました。

#捕らわれ#奄美大島#ボランティア

関連リンク

【写真】「まるで別猫!」妖怪のような汚い猫、洗ってみたら奇跡の美猫に…仰天ビフォーアフター
【写真】涙目でガリガリ…押し入れ生活13年の'彦爺'、保護直後から幸せな最期まで
「今までありがとう」猫たちの最期の挨拶、飼い主が経験した'不思議体験'に涙が止まらない
【写真】「こんなん泣いてまう…」喧嘩っ早い猫'たぬ'が'しま子'と寄り添ったら? まるで親子のようなパパの顔
【ビフォーアフター比較】「まるで別猫!」「小っちゃかった子猫が!」あんよの過去と現在…驚きの成長記録

カテゴリ

その他

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2243839/full/?anc=166

< >

Page Top