女装で得たモブキャラからの脱却

#カミングアウト#キャラ

エンタメNEWS2022年6月15日7:30 AM

みのりさん、学生時代(左)と現在の女装写真(本人提供)

 昨今ではSNSなどを通じて、自身の女装した姿や女性に加工した写真をアップする男性も増えている。メイクアップアドバイザーの資格を持ち、“女装の先生”として情報発信するみのりさん(@otokonokogarden)もその一人。学生時代の自分と、現在の女装姿を対比させたツイートも反響を集めた。みのりさんが感じた、女装によって得た“モブキャラ”からの変化とは? 家族へのカミングアウト、そして女装の良い点も悪い点も、包み隠さず語ってくれた。

【写真】「花嫁が2人!?」女装したみのりさんと妻子、ありのままの家族写真

■本業はサラリーマン、自己肯定感低い“モブキャラ”が女装で変わった

――みのりさんについて教えてください。

【みのりさん】年齢は30代半ば、普段は接客業のサラリーマンとして働いています。子どもがまだ小さいので、休日や仕事終わりは育児をしていますし、子どもや奥さんとの時間を大切にしていて。昔は週4くらい女装をしていましたが、今は月一くらいです。あと、少しでも女装界隈が盛り上がればいいな…と思って、本業とは別にSNSやブログなどで女装のやり方・楽しみ方などを発信しています。

――女装に興味を持ったきっかけは?

【みのりさん】本格的に興味を持ったのは、専門学校に通っていた21歳のときですね。それより前から、かわいい服や小物は好きでしたが、「女装してみたい!」と感じたことはなくて。ですが、あるときネットサーフィンをしていて、たまたまウィッグ通販サイトが目に入ったんです。そこで魔が差したというか、昔、「童顔だし、女装が似合いそうだよね」と言われたことを思い出して。そこからウィッグや女性服の購入に至るまでは早かったですね。

――女装をするようになって、心境にも変化はありましたか?

【みのりさん】大きな変化がありました。もともと私は自己肯定感が低くて、自分のことを世の中における“モブキャラ”だと思っていたんです。けれども女装をするようになってからは、「自分の人生を生きられるようになった」といいますか。女装をして出会った人たちは、私のことを「どこにでもいるモブキャラ」ではなく、ひとりの人間として捉えて、接してくれたんです。それからは、人の顔色ばかりを窺っていた控えめな性格が一変して、しっかりと自分の意見を言えるようになりました。

――好奇の視線を浴びたり、ネガティブな経験をしたことは?

【みのりさん】日常茶飯事ですね。最近はメディアで、トランスジェンダーや性の多様性について触れられる機会が増えたので、多少はマシになってきましたけど、世間的な女装のイメージって、やっぱりまだまだ「変態」や「変人」だと思うんです。女装をして街中を歩いていると、指をさされたり、必要以上にジロジロ見られたり…ということが、今でもしょっちゅうあります。

 最初の頃は落ち込むことも多々ありましたが、そのたびに「もっと可愛くなってやる!」という精神で、メイクや女装について勉強しました。今では「女装で何が悪い! 自分は自分の好きな格好をしているだけだ! 笑いたければ笑え!」という境地なので、まわりの視線なんて気にならなくなりましたが。

――女装をしたいという男性は、どんな思いを抱えていると思いますか?

【みのりさん】それぞれに思惑があって、女装する目的も感情もぜんぜん違うんです。たとえば、かわいい女性服を着るために女装する人や、女性になりきって生活をしたいから女装する人。ほかにも、男性が好きで男性に好かれるために女装する人、自分らしさを表現するために女装する人…など、本当に多彩なので、一括りでは紹介しきれないですね。

――そういった方々と交流をする中で感じることは?

【みのりさん】よく問題になるのが、「家族へのカミングアウト」です。先ほどお話した通り、世間の女装への目はまだまだキツいものです。パートナーや両親、兄弟、友人などに、自分の女装趣味をカミングアウトしたいと思っても、「受け入れられなかったらどうしよう?」と悩んでいる人はかなり多いです。

 「自分の好きなことを受け入れてほしい」という気持ちはよくわかるのですが、相談を受けた際、私はいつも「そのカミングアウトは本当に必要なことか考えてほしい」と伝えるようにしています。女装はあくまでも趣味なので、大切な人たちを不安にさせてまで告白する必要はあるのか?…というのが私の考えなので。場合によっては、女装が原因で家族から勘当されたという人も少なくないですからね。

 ただ、ずっと生活をともにする奥さんやパートナーにはカミングアウトをして欲しいと、個人的には思うんです。ばれたら離婚になるかもしれないような案件を隠して生きていくのは、相手にも誠意がないかなって。

――女装をしたいという男性は増えてきているのでしょうか?

【みのりさん】体感としては増えてきていると感じるのですが、実際のところ、今も昔もあんまり変わっていないと思います。昔は女装趣味は隠すものだったので、表には出てこなかったんだろうなって。今は若い人を中心にSNSなどで気軽に女装姿をアップできるので、そこから目にすることが多くなったのだと思います。

――客観的に見て、女装がもたらす心理的な影響とは?

【みのりさん】いい影響は、「少しだけ女性に優しくなれること」だと思います。女装をすると、メイクに時間やお金がかかること、ヒールで歩くのがしんどいこと、メイクは誰かのためにではなく自分のためにしていること…などを、身をもって知ることができるので、経験すればそれらを実践している女性に対して、少し優しくなれるんじゃないかと。

――よくないこともあるのですか?

【みのりさん】「女装をしている自分が本当の自分なんだ」と思い込んでしまう人が少なくない…ということです。これは、けっこう危険なことだと思っていて。心が女性の“性別違和”の場合は特に問題はないのですが、そうじゃない人も「自分は性別違和だ」と誤認してしまうと、いろいろと厄介で…。

――と言いますと?

【みのりさん】女装をしていると、普通の男性では体験できないようなことがたくさん起きるんです。たとえば、男性からの好意やエスコート。男性は、女性をエスコートする側になることが多いので、いざ自分がお姫様のように扱ってもらえると、とても新鮮で、嬉しく思ってしまう人が多い。そういうことが続くと、「私って、じつは心は女性なのかもしれない。だって、男性からの好意がこんなにも嬉しいから」となってしまうのも頷けます。

 こうした勘違いから「自分の心は女性なんだ」と認識してしまうと、その後の人生がよくない方向に行ってしまう可能性があって…。女装には、そういうバイアスがかかりやすい側面もあることを、つねに意識しておくことが大切ですね。

――先ほどSNSの話も出ましたが、ライトな感覚で女装を楽しむことにはどう思いますか?

【みのりさん】通販が一般化した昨今では、女装の道具を誰にも知られずに揃えることができるようになったし、SNSを使えば、完成した女装姿を皆に見せることも簡単にできちゃいます。つまり女装は、自宅から出ずに楽しめる趣味になったんですよ。無理して外出する理由はないですからね。

――なるほど。

【みのりさん】女装をしての外出には、家族バレや友人バレ、誹謗中傷などのリスクがあるので、活動がSNSだけになる人の気持ちもよくわかります。ただ、女装した外出を経験している身としては、同じ趣味のお友だちを作って、女装活動を楽しんでほしいなって思いますね。めちゃくちゃ楽しいので!

 あとは単純に、SNSに女装姿をあげることで承認欲求を満たしているケースも増えてきている印象です。加工アプリを使えば、多少メイクが下手でも可愛く自撮りができちゃうので、手っ取り早く「いいね」やフォロワーを稼いで承認欲求を満たす…みたいな感じです。加工のやり過ぎで逆に、SNS以外では出会えない人も増えたのかもしれません。

――最後に、今後の目標を教えてください。

【みのりさん】ひとつは、女装さんや性別違和の方のためのオリジナルウィッグの開発です。男性のための“女性の髪型になれるウィッグ”は見かけたことがなく、女性用のものを流用しているのですが、やはりどうしても違和感があって…。今はまだ資金がないのと、どれくらい需要があるのかを調査中なので保留にしていますが、いずれは本格的に作っていきたいなと思っています。ほかにも、女装活動についてのエッセイや、テクニックの本も出版してみたいですし、ネットで女装に関する発信をして、ちょっとでも世間の女装のイメージを変えていけたらなぁと考えています。

――みのりさんのように、自分のやりたいことに踏み出せない人へのアドバイスをお願いします。

【みのりさん】私がつねに意識しているのは、「今この瞬間が、自分のいちばん若い日」であることです。当たり前ですが、私たちは毎日死に向かって、ちょっとずつ進んでいっています。歳をとってから、「あのとき、〇〇をしていたらよかった…」、「あのとき、あの選択をしていたらもっと良い人生だったかも…」なんて思いたくないじゃないですか。そう考えると、未来の自分が後悔しないように、今このときにできること、したいことをしようって思いませんか? 今後の人生を楽しくするのも、つまらなくするのも、今ここにいる自分次第だと思います。

(文:ソムタム田井)

#キャラ#カミングアウト

関連リンク

【写真】生前の桜塚やっくんとバンドメンバー、笑顔で女装する4人の姿
【写真】継母の虐待で容姿コンプレックスに 整形依存、過食、うつを経て…seinaさんのビフォーアフター
【画像】双子モデルちえ・ちか「アイプチ命!」だった整形前から「一年中ダウンタイム」の現在まで
【画像】「なんで私はこんな顔なの?」重たい一重時代からパッチリ二重の美人整形外科医になるまで
「まるで別人」国生さゆり、金髪ボブにイメチェン「一生に一度、ど金髪にしてみたかったの」

カテゴリ

その他

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2238601/full/?anc=166

< >

Page Top