宮田俊哉、作家デビュー作が重版

エンタメNEWS2024年5月24日1:40 PM

作家デビュー作の重版が決定した宮田俊哉 (C)ORICON NewS inc.

 6人組グループ・Kis-My-Ft2の宮田俊哉が24日、都内で作家デビュー作となるライトノベル『境界のメロディ』(KADOKAWAメディアワークス文庫)の刊行記念記者会見を行った。

【写真】弾ける笑顔!「重版決定」うちわを持つ宮田俊哉

 宮田が「きょう作家としてデビューしました、宮田俊哉です」とあいさつした直後、MCから「発売前重版が決定しました」とサプライズで報告され、宮田はしばしフリーズ。出版社のスタッフから祝福のうちわを渡されると我に返り、「本当ですか!?今初めて聞いたんですけど…やったぁ!」と喜びを爆発させ、「本当にうれしいです。ありがとうございます!」と感謝した。

 執筆活動については「いつか自分でアニメを作ってみたいといろいろなところで話してきたんですが、その夢を実現するためにはどうすればいいのかと周りの人に相談したところ、原作が必要なんじゃないかという話になったんです」と経緯を語り、「僕はやはりアイドルとしての活動がメイン。時間には限りがあるので…大変でしたね(笑)」と振り返った。

 続けて「大変だったけどすごく楽しかったので、またこういう作業をしてみたいという気持ちはあります。この『境界のメロディ』も、もし続きを読みたいという方がもしいらっしゃったら、第2弾、スピンオフなどもあり得ると思います」と目を輝かせた。

 本書は、「音楽」をテーマに2人の少年の青春と命の輝きを描く、宮田にとって初のライトノベル。メジャーデビュー目前にして相方のカイを事故で亡くしたキョウスケは、音楽から距離を置き無気力に生きていたが、事故から2年、突然カイがキョウスケの前に現れ、生前と変わらない歯に衣着せぬ物言いや、思わずつられて笑顔になってしまう強引さを持つカイに説得され、再び音楽の世界と向き合い、共に音を重ねる喜びを感じていくというストーリー。

 同日発売のドラマCD付特装版では、小説の印象的な2つのシーンを伊東健人とSnow Manの佐久間大介が演じ、宮田はナレーションで参加したほか、宮田とキャストによる座談会もドラマCDに収められている。

関連リンク

【全身カット】笑顔がキュート!もふもふのドアからひょっこりおちゃめに登場した宮田俊哉
【写真】アニメ好きキスマイ宮田、LiSAとの絡みに緊張と興奮「ワクワク」
【画像あり】ドラマCD付き特装版『境界のメロディ』デザイン
【写真あり】柔らかい笑顔でアフレコに臨む宮田俊哉
【写真あり】『リコリコ』展ではしゃぐ!オタ活中の宮田俊哉

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2328444/full/?anc=289

< >

Page Top