山本耕史、25年ぶり月9出演

#野村麻純#武田航平#坂口健太郎#カルテル#公正取引委員会

エンタメNEWS2022年6月13日5:00 PM

7月スタートフジテレビ月9ドラマ『競争の番人』に出演する山本耕史(C)フジテレビ

 俳優の坂口健太郎と杏がW主演を務める、7月11日スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)第1話に、山本耕史がゲスト出演することが13日、決定した。山本の月9ドラマ出演は、『ひとつ屋根の下2』(1997年4月期)以来、実に25年ぶりとなる。

【写真】野村麻純&武田航平ら『競争の番人』追加キャストたち

 本作は、4月期月9ドラマ『元彼の遺言状』の原作者でもある作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月に発売された最新刊『競争の番人』(同)が原作。坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”となっている。

 今作で山本が演じるのは、ホテルや飲食店、レジャー施設など手広く事業を展開する地域の有力者・天沢雲海(あまさわ・うんかい)。小勝負らは、雲海が経営するホテル天沢をはじめとした複数のホテルでウエディング費用の価格カルテルが行われているという疑いについて突き止めるため、調査を始める。しかし、そのカルテルの中心人物と思われる雲海はこの地域随一の権力者。公取委の調査など手慣れたもので、小勝負や白熊が不正を暴くためにさまざまな手法で雲海を追い詰めようとするも、雲海はするりと調査の網から逃げてしまう。

 山本は「刑事でもない検察でもない、検事でも弁護士でもない、公正取引委員会は、企業の不正などにどこまで踏み込める職業なのか、よく聞くけど具体的には分かっていない公正取引委員会をドラマとして描くということは、全く新しい作品が生まれるということなので、見ていて勉強にもなるだろうし、面白い作品だと思います」と呼びかけている。

■山本耕史コメント

――『ひとつ屋根の下2』(1997年4月期)以来、25年ぶりの月9出演について。
「当時は渋谷の“渋スタ”と呼ばれるスタジオで撮っていて、そこでフジテレビさんのドラマをガンガン撮っていたことを思い出します。あの頃は、こじんまりとしたところで職人さんのようなスタッフのみなさんとドラマを撮っていたという感覚が今も残っていますね」

――今回演じる天沢雲海について。
「最初に台本を読んだときの印象はなんとなく時代劇でいう悪代官のような、表ではいい顔をしているような印象を受けましたが、よくよく台本を読んでいくと雲海が果たして悪い人なのか? そういう疑問もありました。今回は“公取委に敵対する人物”、“立ちはだかる壁”として雲海が描かれていますが、あからさまに敵として演じる部分とそうじゃない部分のバランスは監督と話し合いましたね。雲海に追い詰められている人もいれば、救われている人もいるんです」

――坂口健太郎、杏の印象は?
「坂口君とは以前も共演したことがありますが、今回がっつりと絡んで、彼の面白い部分をたくさん見させてもらいました。僕はテストでやったことと違うことを本番でやってみたりしちゃうんです(笑)。それを坂口君も杏さんも面白がってくれて。裏を返せば楽しめる余裕というか、ゆとりがあるんだなという印象です。杏さんは今まで共演はなく、もの静かな方なのかなという印象で、背も高くてスラッとしていて、強いオーラを持ってる方ですが、話してみると意外とふんわりとしていて、柔らかな方で、会話をしていても、独特な言い回しを挟んだり、面白い方だなと思いました」

――視聴者へメッセージ。
「刑事でもない検察でもない、検事でも弁護士でもない、公正取引委員会は、企業の不正などにどこまで踏み込める職業なのか、よく聞くけど具体的には分かっていない公正取引委員会をドラマとして描くということは、全く新しい作品が生まれるということなので、見ていて勉強にもなるだろうし、面白い作品だと思います」

#野村麻純#カルテル#山本耕史#武田航平#公正取引委員会

関連リンク

【写真】W主演を務める坂口健太郎&杏がクールにきめるキービジュアル
坂口健太郎、菅野美穂からさわやかさ褒められ照れ ノンアルビールを試飲しにっこり「気分も明るく」
坂口健太郎が料理男子に…新CMでカレー作り 冗談で撮影現場を笑顔にするメイキングも
坂口健太郎&倉科カナ、“結婚式”風写真に反響「この写真は何!? いったいどうなるの…」『ハンオシ』オフショット
杏、「誰もが子どもだった」と感慨 ドラマ『おもひでぽろぽろ』

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2238363/full/?anc=247

< >

Page Top