幾田りら&あの「戻りたくない」

エンタメNEWS2024年3月27日12:15 PM

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』でW主演声優を務める幾田りら&あの (C)ORICON NewS inc.

 シンガーソングライターとして活動している幾田りらと、アーティストでタレントのあのがW主演キャストとして声優を務める、アニメ映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』(通称:デデデデ)の前章が公開中、後章が5月24日に公開される。昨年の紅白歌合戦にも出演するなど近年の活躍が目立つ2人だが、急なブレイクで環境の大きな変化の中、変わらない“軸”を聞いてみた。

【全身ショット】”紅”&”白”の豪華衣装に身を包んだ幾田りら&あの

――同作は、突如宇宙から出現した巨大母艦によって、お2人が演じる門出とおんたんを取り巻く環境が激変していく様子が描かれていますが、幾田さんとあのさんもブレイク後数年で環境が一気に変わったお二人だと思うのですが、ブレイク前と比べて大きく変わったなと思うことはありますか?

【あの】1番でかいのは、路上で寝ころべなくなったことかな(笑)

【幾田】寝転がってたの…?(笑)

【あの】よく疲れやすくて。眠くなったり、くたびれると外でも横になって空を見上げるみたいなことをしていたんです。けど、最近はここで話しかけられてもな…と思って。はいつくばってでもなるべく家に帰るようにしています。

――やっぱり声をかけられることは多くなりましたか?

【あの】ありがたいことにこの数年ですごく増えて、やっぱりどこに行っても気づかれます。あんまり意識したくはないけど、カメラを向けられたりもするから。マスクしたほうがいいよとか、周りからも注意されることが増えて、無理やり変装みたいなことをさせられてます(笑)。

――今でもラジオにはパジャマで行っているんですか?

【あの】ラジオにはパジャマで行ってますね。仮眠取らなきゃいけない時もあるので。でも、そういう時に限って鍵なくして補導されたりするので、ある意味自分のスタンスはあんまり変わってないけど、環境が変わりました。

――自分のスタンスは変わっていないとおっしゃっていましたが、どんなところが変わってないなと思いますか?

【あの】自分の使命感というか、自分がやるべきことや、やりたいこと、自分はなんで生きてるんだろうとか、そういうことを日頃から考えるんです。自分と向き合っているからこそ、何をやるにしてもありのままでブレずにやれてるかなと思います。環境が変わって、どれだけ忙しくなっても引きこもっていた頃には戻りたくないなと思うので、いまはすごく楽しんでやれているのかなと思います。

――幾田さんがブレイク後に感じた大きな変化は?

【幾田】環境も身の回りもいろんなことが変わりました。でも一番大きく変わったなと思うのは、ちゃんと夢をかなえられてる人生を送っているということです。中学3年生から音楽活動を始めて、19歳ぐらいまではずっと路上やライブハウスでたくさん歌ったり、オーディションをたくさん受けて落ちたり…っていう中で、努力が結果に結びつかない苦しさをずっと抱えて夢を追っていました。だから、実際にいま、あの頃思い描いていた夢の舞台にいて、しかもそれがちゃんと生きがいになって生活できているのは、すごい大きな変化だなと思います。

――忙しい日々に大変だなと思うことはないですか?

【幾田】そうですね…やっぱり楽しいことだけじゃなくて、実際にすごい忙しさに見舞われるとてんてこ舞いになっちゃって。プラスの感情だけになれない時はもちろんあります。でも、どんなに大変でも忙しくても、あの頃に戻りたいとは全く思わないです。かつて憧れていた舞台で音楽活動をできている今の自分でいたいから。

音楽は私の生きがいですし、自分から音楽を取り上げられたら、自分らしくなれない。絶対に自分は音楽とは離れられないっていうのを自覚しているから、それが私の大きな軸になっているんだと思います。

関連リンク

【試読】「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」の電子書籍
幾田りら&あの「すごく相性がいい」 W主演のアニメ映画『デデデデ』実際に取っ組み合った“けんかシーン”に自信
アニメ『デデデデ』完成披露試写会で“未完成”報告 原作者・浅野いにお氏が“漫画原作の映像化”への難しさ語る「本当にいろんなことがある」
『デデデデ』着ぐるみ脱ぎ捨て原作者登場 あの&幾田りら爆笑「見せていいの?(笑)」
『デデデデ』幾田りら&あの、紅白コンビのW主演は「たまたま」 オファーした原作者も驚き「ここまで有名になるとは」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320027/full/?anc=284

< >

Page Top