押田岳、ついに主役で感慨

エンタメNEWS2020年2月3日5:19 PM

オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の上映記念イベントに出演した押田岳 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の押田岳が3日、東京・押上にある東京ソラマチのJ:COM Wonder Studioで『仮面ライダージオウ』テレビシリーズ最終話のその後の物語を描く、オリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の上映記念イベントに出演した。

【動画】神対応!子どもたちからの質問攻めに笑顔で答える押田岳

 1年間、『ジオウ』で2号ライダーを務め、晴れて主役として本作に臨んだ押田は「ようやく奥野壮の前に立てるのか、と(笑)。1年間、サポート役に徹してきましたが、ようやく俺が1番だと。うれしかった。最高ですよ、楽しかったです」と笑顔を弾けさせた。

 ただ、本編の撮影中から悩みを相談したことも多かった奥野には、感謝の言葉も。「僕、どうしたらいいかを聞いちゃう。ずっと彼が言ってくれたのは『岳くんの好きなようにやればいいよ』と。それが本当に、この作品以外でも支えになった」と明かしていた。プライベートでも仲が良く「『よろしくお願いします。押田岳です』から1週間ぐらいで、2人でカラオケに行った。カラオケとか普段は行かないんですけど、早めに打ち解けた方がいいなと思って。歌ったら曲の趣味が合って、一気に打ち解けた」と裏話を披露していた。

 演じたゲイツの魅力について「筋が通った男に描けていればいいなと思っていたのは、最初から決めていた。僕は、そういう男が好きで、これからなろうとしている。1本、自分のやることに筋を通して行動するような風にキャラを作った」と思いを込めて説明。本作については「今までのゲイツとは違って普通の高校生として芝居をしている。でも、最後は、かっこいい男にしたつもりなので、そこを楽しんでいただけたら」と力強く呼びかけた。

 そして最後のあいさつで「『ジオウ』という作品を1年間、みなさんに応援していただいた。これで恐らく最後になってしまうと思って僕らも一生懸命、作りました。ぜひ、目に焼き付けてください」と締めくくっていた。

 本作では、普通の高校生となった明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ(押田)が、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(奥野壮)らと共に、再びライダーに変身し新たな歴史を刻んでいく。28日から期間限定で劇場上映されるほか、4月22日にBlu-ray&DVDが発売される。

関連リンク

【写真】イベントには…”ゲイツマジェスティ”も登場!
【写真】肩を組み笑顔でお手振り…仲の良さを見せた奥野壮、押田岳、高橋文哉
【写真】「あざとすぎ」ジオウ・奥野の“ぶりっ子ポーズ”&ウォズ・渡邊の2ショット
【写真】興味津々でベルトを見る奥野壮と高橋文哉
【写真】海辺にたたずむお気に入りカットを公開する奥野壮

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2154423/full/?anc=181

< >

Page Top