日中合作映画『安魂』予告編

#100%#日本人#キャスト#北原里英

エンタメNEWS2021年11月3日11:46 PM

日中合作映画『安魂』(2022年1月15日公開)メインビジュアル (C)2021「安魂」製作委員会

 『火垂るの墓』『こどもしょくどう』の日向寺太郎監督が、ベテラン脚本家・冨川元文と初タッグを組んだ日中合作映画『安魂』(2022年1月15日から岩波ホールほか全国で順次公開)の予告編が公開された。

【動画】日中合作映画『安魂』予告編

 ベルリン国際映画祭金熊賞受賞を受賞した『香魂女-湖に生きる』(シェ・フェイ監督)の原作者でもある、中国の作家・周大新(チョウ・ターシン)の同名小説を映画化。

 一人息子を若くして亡くした周氏が、息子との魂の交流を綴った実体験を元にした物語。その原作の核となる「大切な人と死別し残された人々の心の再生」を冨川氏が脚本で大胆にアレンジを加え、全編中国ロケ・中国語による本作を作り上げた。

 日本人留学生役を除く全キャストは中国の役者をキャスティング。主人公の唐大道は、ドラマ『打狗棍』で安徽衛視“國劇盛典“最優秀俳優賞を受賞したウェイ・ツー、息子・英健と青年・劉力宏の2役を、『青丘狐傳説』で注目を集めた若手俳優チアン・ユーが演じる。

 日本人留学生・星崎沙紀役で唯一の日本人キャストとして出演したのは、北原里英。全編中国語のせりふに挑戦した北原は「安魂、参加させていただきました! 唯一の日本人キャスト、全編中国語のせりふ、慣れない土地に慣れない撮影環境…! 初めてづくしでかなり刺激的な毎日でした! 自分のせりふに字幕がついているのはなんとも不思議です」と興奮が伝わってくるようなコメントを寄せている。

 さらに、「お話は、中国の文化がしっかりとありつつも、日本人のわたしでも分かりやすく、感情移入できるものになっています。さらに中国の俳優のみなさんのお芝居が素晴らしすぎて、それを間近で拝見できて光栄でした。みなさんと言語の壁を越えてコミュニケーションがとれたこともいい思い出です。お楽しみに!」と、呼びかけている。

 コロナ禍の直前2019年秋、西安、洛陽、南京、北京と並ぶ中国で最も古い都の一つである中国河南省開封(かいほう)市で撮影された本作は、その後、中国のロックダウンの影響で仕上げが一時ストップ。今年、ようやく完成にこぎつけた。

 予告映像は、開封の古い街並みの美しさの中、先立たれた息子に「会いたい」と願う父と母の切実な思いが伝わってきて、身につまされる。困難のある日中関係ではあるが、中国の原作×日本の映画作家によって製作された本作からは、親の愛情は共通するものであることが感じられ、日中国交正常化50周年にふさわしい作品に仕上がっている。

 初の日中合作映画、初の全編海外ロケに挑んだ日向寺監督は「『安魂』は原作者の周大新さんが息子を亡くされ、やむにやまれぬ気持ちで書かれている。同じく子を持つ親として、父親の気持ちが痛いほどわかった。ある日突然大切な人を失った人が、どのようにして生きる力を回復するか、人間にとって生きる根源はどこにあるのか、私は周さんになったかのようにしてこの映画を撮った」と、コメントを寄せている。

#100%#北原里英#キャスト#日本人

関連リンク

北原里英の“ドッキリ結婚発表”に指原莉乃「え!」連発 思考停止からの大祝福
指原莉乃「友達結婚した!」AKB48の同期・北原里英の結婚祝福
北原里英&笠原秀幸が結婚発表「あたたかい時間を紡いでいきたい」
北原里英、主演映画で“当て書き”に感激「私とは真逆の人間」
北原里英、29歳の誕生日にYouTubeチャンネル開設 反省を踏まえ苦手分野に挑戦

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2212271/full/?anc=014

< >

Page Top