映画『野球部に花束を』特報映像

#黒羽麻璃央#小沢仁志#高嶋政宏#100%#醍醐虎汰朗

エンタメNEWS2022年6月16日9:35 AM

映画『野球部に花束を』(8月11日公開) (C)2022「野球部に花束を」製作委員会

 クロマツテツロウの野球漫画を、醍醐虎汰朗、黒羽麻璃央らの出演で実写化した映画『野球部に花束を』(8月11日公開)の特報映像が解禁。主題歌は、電気グルーヴが担当していることが明らかになった。

【動画】映画『野球部に花束を』特報映像

 古い倫理観や理不尽が蔓延(はびこ)っていた暗黒の時代昭和・平成を経て、個人の尊厳が守られ自由で解放的な令和になった!はずが、コンプライアンス全無視の鬼監督と後輩を奴隷のように扱う先輩部員たちで構成された野球部には、時代錯誤なんて関係ないと言わんばかりの、圧倒的理不尽で全く自由ではない実態が…。本作は、不思議と、どの世代でも思わず「あるある」とうなずきたくなる共感度120%の青春エンターテイメント。

 解禁となった特報映像には、醍醐演じる黒田たち1年生が、爽やかで健全な部活生活を期待し入部した途端、その理想とは真逆、地獄の野球部の実態が明らかに。入部する前は「上下関係も厳しくないから」と優しかったはずの先輩も、いざ入部してみると2年生は豹変し、「早く動け、こら―」とブチギレ、3年生は小沢仁志ばりに「アンサーは『はい』のみだ」と半端ない圧をかける、そしてあまりの変わりように唖然とする1年生たち。“不条理”“時代錯誤”“摩訶不思議”な野球部も、最後には肩を組み支え合う部員たちの姿に、まさかの感動(!?)。果たして黒田たち1年生の野球部生活はいかに。

 一部聴くことができる主題歌は、電気グルーヴが本作のために書き下ろした楽曲の「HOMEBASE」。歌詞に「HOMEBASE 目指して 送りバントに専念」「HOMEBAES モヤして ボーズ頭の執念」などの野球要素がふんだんに詰まっている。不条理な野球部の中で抜群の結束力が芽生える黒田(醍醐)と桧垣(黒羽)をはじめとした1年生部員5人とキャラ強めな監督、先輩部員たちを切り取った場面写真も解禁となった。

 教室で先輩部員たちに90度のお辞儀をする1年生や、原田監督(高嶋政宏)の熱血指導(?)、後輩に鋭い眼光を向けてまるで小沢のような3年生の姿など厳しい部活中の様子のほか、部活帰りに並んで歩く黒田たちが、野球用品店で盛り上がったり、ハンバーガーショップで放課後を楽しむ姿も。過酷で厳しい野球部だけど、ここで出会ったかけがえのない仲間同士の楽しそうな眩しい青春の様子も映し出されている。

#黒羽麻璃央#小沢仁志#高嶋政宏#醍醐虎汰朗#100%

関連リンク

【試読】「野球部に花束を」の電子書籍
“顔面凶器”小沢仁志が高校球児役&里崎智也が映画初出演 映画『野球部に花束を』追加キャスト
黒羽麻璃央、『るろ剣』包帯ない志々雄真実の姿で照れ「誰だかわからないと思う」
里崎智也×中澤佑二『背番号22』がコンビ結成 ラジオ生放送で日本のスポーツ語り尽くす
小芝風花×木村ひさし新作『貞子』に川村壱馬、黒羽麻璃央ら出演

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2238784/full/?anc=014

< >

Page Top