月9『競争の番人』第3話あらすじ

#坂口健太郎#山本耕史#カルテル#あらすじ#黒羽麻璃央

エンタメNEWS2022年7月25日7:00 AM

“月9”『競争の番人』第3話カット(C)フジテレビ

 俳優の坂口健太郎と杏がW主演を務める、フジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)の第3話が、きょう25日に放送される。

【画像】決定的な証拠はつかめるのか…神妙な表情を浮かべる寺島しのぶ


 小勝負(坂口)、白熊(杏)たちダイロクメンバーは『ホテル天沢』の元ホテル長、長澤俊哉(濱津隆之)の協力を得て、天沢雲海(山本耕史)の留守を狙い納入業者イジメの調査に入る。併せてウエディングカルテルの資料も集めようとするが、雲海が戻ってしまい追究出来なかった。そんな中、長澤にカルテルの資料の保管場所が分かったと言われ小勝負と白熊は、資料が保管されている倉庫に案内される。しかしそれは雲海の罠で、小勝負と白熊はそのままホテルの書庫に監禁されてしまう。

 小勝負は不法侵入したと雲海が警察に突き出すつもりだと分析。一方、大森徹也(黒羽麻璃央)とデートの約束をしていた白熊は弱そうな壁を見つけ、壁を蹴って穴を空けることに成功。しかしそこはトイレと給湯室があるだけで外には出られなかった。そんな中、小勝負は書類の中に過去の宿泊台帳と顧客カードを見つける。そこには、過去に摘発されたカルテルの当事者たちが同じ部屋を利用した記録があった。

 翌朝、小勝負と白熊は警備員に発見された。雲海はワイドショーに出演して公取の違法調査だと息巻く。そんな時、石田正樹(武田航平)と七瀬(野村麻純)が公取に来た。天沢グループから抜ける決意を固めたという夫婦は、小勝負たちに雲海と『温泉郷・絆』の政岡一郎(春海四方)が会合する日を教え、ダイロクは決定的なカルテルの証拠をつかもうと動き出す。

 同作は、坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。

#坂口健太郎#春海四方#濱津隆之#あらすじ#武田航平

関連リンク

【試読】「競争の番人」の電子書籍
【画像】W主演を務める坂口健太郎&杏がクールにきめる!
【写真】坂口健太郎が料理男子に…新CMでカレー作り
【写真あり】坂口健太郎&倉科カナ、“結婚式”風写真に反響
【写真あり】「クオリティ、高過ぎ」鬼滅にジャイアン…手描きイラストを公開した杏

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2243005/full/?anc=247

< >

Page Top