月9『366日』第9話あらすじ

#平明日香#広瀬アリス#綱啓永#坂東龍汰#真由美

エンタメNEWS2024年6月3日7:00 AM

月9ドラマ『366日』第9話より(C)フジテレビ

 俳優の広瀬アリスが主演するフジテレビ系月9ドラマ『366日』(毎週月曜 後9:00)の第9話が、3日に放送される。それを前に公式サイトにあらすじが公開された。


【画像】明日香(広瀬アリス)と遥斗(眞栄田郷敦)の関係は…第9話の場面カット盛りだくさん

 本作はHYの名曲「366日」の世界観に着想を得たオリジナルストーリーで、高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした男女が、予期せぬ悲劇に直面しながらも、愛する人を想い続ける壮大な愛の物語。

■第9話あらすじ
 雪平明日香(広瀬)は、なかなか高校時代の記憶を取り戻せない水野遥斗(眞栄田郷敦)に尽くしてきた。遥斗も復職し、戻らない記憶の穴埋めをするかのように明日香に気を遣う。だが、限界が来てしまう。お互いを思いやり、ともに“悲しい顔”をさせないために、2人は友人関係に戻ることを決断した。

 数日後、明日香に下田莉子(長濱ねる)から電話。心配する莉子に、明日香は遥斗とは友達に戻っただけだと返す。一方、一人暮らしを始めた遥斗のアパートに吉幡和樹(綱啓永)が訪ねてくる。和樹は自分が忘年会を企画したせいで遥斗と明日香が別れることになったのではないかと詫びたが遥斗は遅かれ早かれそうなっていたと答える。

 そんな2人に新たな転機が訪れる。明日香は樋山ちなみ(鈴木絢音)から室内楽のサークルに入らないかと誘われたのだ。明日香は一度、見学してみることに。一方、遥斗は社内で行われる新店舗の新メニューのコンペに興味を示していた。明日香のマンションに母の真由美(中島ひろ子)がやって来る。推し活のイベントに参加するため、しばらく泊めて欲しいそうだ。

 その頃、遥斗は看護師の宮辺紗衣(夏子)に会う。遥斗と話す紗衣はうれしそう。そんな中、明日香に莉子の試験の「お疲れさま会」をやろうと小川智也(坂東龍汰)から電話が入る。遥斗も呼んでいいかと気遣う智也に、もちろんと笑顔で答える明日香だが、電話を切るとその笑顔は消えていく。

#真由美#綱啓永#平明日香#広瀬アリス#中島ひろ子

関連リンク

【写真あり】「月9の森七菜」風? ショーパンで美太ももあらわな広瀬アリス
広瀬アリス、ロングヘアの担当マネージャーと貴重な2ショット「新鮮」「最高です」
【写真あり】恥ずかしさで顔を覆って…広瀬アリス“推し”有吉弘行との2ショット
【写真】美くびれ!広瀬アリス、ランジェリー姿で抜群のスタイルを披露
【写真】服を着たままびしょびしょに…濡れた姿でプールに浮かぶ広瀬すず

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2329862/full/?anc=247

< >

Page Top