有岡大貴&樋口真嗣が“相合い傘”

#有岡大貴#西島秀俊#長澤まさみ#ウルトラマン#カーペット

エンタメNEWS2022年5月9日8:17 PM

相合い傘をした(左から)有岡大貴、樋口真嗣監督 (C)ORICON NewS inc.

 庵野秀明氏(企画・脚本)、樋口真嗣氏(監督)のタッグで実写映画化される『シン・ウルトラマン』(13日公開)のレッドカーペットイベントが9日、東京・歌舞伎町ゴジラロードで行われ、俳優の斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、樋口監督が出席した。

【写真】美スタイルを披露…純白ワンピースで登場した長澤まさみ

 誕生から55周年記念作品として映画化された『シン・ウルトラマン』は、次々と巨大不明生物「禍威獣(カイジュウ)」が現れて、その存在が日常となった日本を舞台に、政府は対策のスペシャリストを集結させ「禍特対」を結成し、彼らが任務に当たる中、大気圏外から突如、“銀色の巨人”が現れるストーリー。

 イベント当日はあいにくの雨模様となったが、キャスト・監督陣は悪天候を感じさせないような笑顔を振りまき、ファンとの交流を楽しんだ。その後は、斎藤&長澤、西島&早見、有岡&樋口監督の組み合わせで“相合傘”をして仲よくトークを展開した。

 作品の魅力を問われた斎藤は「この作品の素晴らしさは言語化できない」とした上で「本当にすごい映画に出会うと、皆さん言葉にならないんですよ。そういう体験を共有しました。映画の宣伝という意味では言葉を届けるべきなんですが、この作品にはそれを度外視したような感動体験がありました」と熱弁を振るうと、長澤も「観終わった後にスピード感に圧倒されました。ぜひ瞬きしないで感動の映画体験を味わってほしい」とアピールした。

 また、有岡は「人生で初めて歩くレッドカーペットが“シン・ウルトラレッドカーペット”で、とても幸せに思っています」と充実の表情を浮かべながら「さっき長澤さんに(樋口監督との相合い傘が)『トトロみたいだ』って言われました(笑)」と明かし、場を和ませていた。

#樋口真嗣#長澤まさみ#カーペット#相合い傘#西島秀俊

関連リンク

【写真】長澤まさみ&早見あかりも登場!緊迫感ある場面写真
【動画】映画『シン・ウルトラマン』特報映像
【画像】神永新二に関わる3点のアイテムが描かれた『シン・ウルトラマン』チラシ
【写真】映画『シン・ウルトラマン』に登場する外星人・ザラブ
【写真あり】“角刈り巻”姿の長澤まさみに「こんな綺麗な角刈り、見たことない」と反響

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2233822/full/?anc=013

< >

Page Top