木村拓哉『BG』全話平均で前作超え

エンタメNEWS2020年7月31日9:50 午前

木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』全7話平均は個人8.6%、世帯15.6% (C)テレビ朝日

 俳優の木村拓哉が主演するテレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』の新シリーズが、30日の放送で完結。全7話の平均視聴率は個人8.6%、世帯15.6%だったことがわかった。新型コロナウイルス感染拡大により撮影が中断し、放送開始が2ヶ月遅れ、放送回数も削減された厳しい状況の中、2018年1月期に放送された前シーズン(全9話)の平均視聴率、個人8.5%、世帯15.2%を上回る結果を残した。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

【写真】最後に前作からの仲間が集結する展開に

 新シリーズでは、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身した島崎章(木村)による《個人VS. 組織》の物語を主軸に展開。最終回では、“利益優先”の張本人である「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が、総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)の差し金で追われる身となり、章が警護することに。

 そんな章を追って、一度は決裂した高梨雅也(斎藤工)、組織に残った菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)が集まり、日ノ出警備保障時代からの仲間4人で劉を警護。逃亡劇あり、謎の男(元警護課の警察官)は刃物で襲ってくるわ、拳銃をぶっ放すわのアクションあり、章と整形外科医の笠松多佳子(市川実日子)のムズキュンあり、と盛りだくさんだった。

 20分拡大スペシャルとして放送された最終回の番組平均視聴率は、個人9.5%、世帯16.7%。最高値は午後10時13分にマークした21.6%で、章と高梨、「KICKSガード」身辺警護課のメンバーでVIP(市川海老蔵)を警護する場面だった。

関連リンク

木村拓哉×A.B.C-Z・河合郁人、ラジオで“先輩・後輩対談” 木村にもらったギターの後日談も?
木村拓哉、『BG』撮了に万感「今の自分たちにできることは160%やり尽くした」
菜々緒、もっとみんなで「誤差なし!」がやりたかった どうなる?最終回
『BG』最終回、市川海老蔵が“本人役”で登場 木村拓哉の提案で実現したシーンとは?
木村拓哉、オフィシャルファンクラブ「C&C」発足を動画で発表 名前の由来も説明

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2168287/full/?anc=014

< >

Page Top