松本潤『相葉マナブ』ゲスト初出演

#バイきんぐ#小峠英二#自然薯#ハライチ#澤部佑

エンタメNEWS2022年1月7日1:00 PM

16日放送『相葉マナブ』に出演する(左から)小峠英二、松本潤、相葉雅紀、澤部佑(C)テレビ朝日

 人気グループ・嵐の松本潤が、16日放送のテレビ朝日系バラエティー『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)に出演する。相葉雅紀が各地に出向き、日本についてのさまざまなことを学んでいく同番組で、メンバーで最後まで残されていた松本がゲストとして初参加。20日スタートの木曜ドラマ『となりのチカラ』(毎週木曜 後9:00)で、失敗だらけの少し頼りない主人公を好演する松本が、番組恒例企画ともいえる『自然薯(じねんじょ)掘り』を体験し、役柄とはガラリと違う頼りになる熱い一面を披露。もちろん相葉との息ピッタリのコンビネーションも発揮する。

【写真】違和感ゼロ!? 小峠英二扮するムンクの「叫び」

 今回、相葉、バイきんぐ・小峠英二、ハライチ・澤部佑のマナブメンバーが出向いたのは千葉の山中。オープニングでは、スモークの中(!?)から、ゲストである松本が登場すると、メンバー全員が出そろったことに相葉も「嵐コンプリート!!」と喜びを隠せない。

 そんな彼らが挑むのは、10回目を数え、もはや番組の名物企画とも呼べる『自然薯掘り』。過去、番組で掘り当てた最高サイズの自然薯は154センチ。自然薯掘り初体験となる松本は、このサイズを超える大物をゲットするべく、気合いが入る。この道のプロである名人がオススメする、野生のシカやイノシシも生息する自然薯のホットスポットに移動すると、さっそくメンバーはスコップやクワを手に、深く穴を掘っていく。

 自然薯は非常にデリケートなため、金属の道具が少しでも触れたり、無理に引っこ抜こうとすれば、すぐに傷つき折れてしまう…。慎重に進めないといけない、時間のかかる作業であることを知る経験豊富な相葉が「近道だけが正解じゃない」と諭すと、松本は「俺は近道が好き」と即答。お互いにいい汗をかきながら、息ピッタリのやり取りを見せて場を和ませる。

 しかし、彼らの前に現れたのは近隣に生える竹の屈強な根という“難敵”。これが邪魔をし、土を掘る作業は思うように進まなくなってしまう。少し掘っては、ノコギリで縦横無尽に伸びる根を切り、また、掘って…。気の遠くなる作業を繰り返す。松本も、泥だらけになることもお構いなしに、ノコギリを手に格闘する。「これは重労働だ…」と額に汗し、チームワークよく掘り続けたところ…ついに、自然薯の姿が見える。しかも、かなりの特大サイズであることも判明。だがここで現場には不穏な雰囲気が…なんと、その自然薯は、これまでの放送でも類を見ない形をした“モンスター”だったのだ。

 番組史上屈指の難関となりそうな異形の自然薯を目の当たりにし、心が折れかかる一同。しかしここで相葉が「途中で嫌になることもあるけど、諦めなかったら人間成長するよ!」とメンバーを鼓舞。穴の奥まで入り込み、丁寧に土をかき出す。そんな相葉を、松本がみごとなサポートで支える、泥まみれの2ショットはファンが歓喜すること間違いなし。そんな2人コンビネーションから生まれた“アクロバティックなあるスタイル”に小峠も澤部もツッコミ。現場は笑いに包まれ、一瞬にしてみんなの疲れを吹き飛ばしていた。

 果たして、穴を掘り進めるにつれて「ヤバい、自然薯楽しいかも!?」とすっかりその魅力に取りつかれた松本は“モンスター級”の自然薯を無事に掘り当てて、番組記録を塗り替えることができるのか。穫れたての自然薯を使い、相葉は松本をおもてなしする。さらには、誰もが予期せぬ食材の登場で、松本も思わず「『相葉マナブ』、すごい!」と絶叫(!?)。相葉と松本の関係だからこそ語られる、2人の初対面時のエピソードなど、超レアな昔話トークにも花が咲く。

#自然薯#小峠英二#ハライチ#バイきんぐ#澤部佑

関連リンク

【写真】プライベートも仲良しの小峠英二と笑顔を見せる相葉雅紀
【写真】クールにポテトチップスを食べる相葉雅紀
【写真】カンガルーのお世話をする相葉雅紀
【写真】まげを結った侍を披露した松本潤
【写真】飾らないかっこよさ!ラフな衣装を着こなす松本潤

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2220294/full/?anc=096

< >

Page Top