林家木久扇『笑点』55年の出演に幕

#春風亭昇太#林家木久扇

エンタメNEWS2024年3月31日6:00 PM

3月31日放送『笑点』より(C)日本テレビ

 落語家の林家木久扇(86)が、日本テレビ系演芸番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)をきょう31日の放送をもって卒業した。半世紀を超える55年の歴代最長出演を果たした。

【番組カット】木久扇の顔が見えなくなるほど…積まれた座布団

 木久扇は、番組冒頭のあいさつからいつもと変わらない「お知らせ」で会場を沸かせた。大喜利の1問目は、“おバカキャラの与太郎”木久扇に掛けた「おバカな人もっとおバカな人」というお題に対して、木久扇は「バカなのは答えができていないのに手を挙げる人、もっとおバカななのはそれを知らないで当てちゃう司会者」と回答し、司会の春風亭昇太への愛あるいじりで笑わせた。

 2問目「木久扇さんがさまざまな番組に出演したら」のお題では、「私、木久扇がすべてのサッカー番組に出演することになりました」「なぜかというと私はキック王(木久扇)」と回答し、お得意のギャグで会場の笑いと座布団を1枚を獲得した。

 最後のお題は「木久扇さんにありがとう」。同番組史上初のサプライズ演出が展開された。この日、木久扇には内緒で観客に配られていた黄色いタオルが昇太の「ありがとう!」の掛け声で一斉に上がり、会場を木久扇カラーに染めた。

 各メンバーからの木久扇師匠との思い出に掛けた名回答・珍回答に会場は大爆笑。また、林家たい平の粋な計らいで木久扇に御礼の座布団が渡され、各メンバーも続々と座布団を積み上げて木久扇が見えなくなるハプニングに。木久扇も「おれが(テレビに)映らないじゃないか!」と思わずツッコんだ。

 さらに、木久扇からはお得意の「いやんばか~ん」の歌も飛び出した。最後に、昇太から「今のお気持ちはいかがですか?」と聞かれた木久扇は「また来週!」とひと言。木久扇らしく、明るい笑顔で手を振り55年の出演を締めくくった。

 なお、次週4月7日の放送では、新メンバーを発表する。

#林家木久扇#春風亭昇太

関連リンク

【写真】似てる! 父・林家木久扇のピンチに駆けつけた息子・木久蔵
【写真】林家木久扇、長男&孫と“三世代ユニット”で歌手デビュー
【写真】くす玉でお祝い!元気な笑顔の林家木久扇
林家木久扇、三遊亭円楽の“完全復活”願う「自分の足で高座まで歩けるようになれば」
【写真】「チャリティー笑点」で大喜利に挑戦する芦田愛菜

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320729/full/?anc=270

< >

Page Top