林遣都ドラマ、ギャラクシー月間賞

エンタメNEWS2020年7月20日12:32 午後

『世界は3で出来ている』で主演を務めた林遣都(C)ORICON NewS inc.

 俳優の林遣都が主演したフジテレビ系単発ドラマ『世界は3で出来ている』(6月11日放送)が2020年6月度ギャラクシー月間賞を受賞したことが20日、わかった。


【写真】『世界は3で出来ている』で一人三役に挑んだ林遣都

 “リモートドラマ”ではなくリモートによる打合せと、密を避けての安心安全な撮影を徹底した、いわば“ソーシャルディスタンスドラマ”と銘打った今作。林は唯一の出演者で、一卵性三つ子役=一人三役を熱演した。

 「ソーシャルディスタンスドラマと銘打っているが、いい脚本、いい演出、いい俳優で普通にいいドラマを見た実感。三つ子それぞれの『思ってもみなかった3ヶ月』は、コロナ禍を生きる人々への応援に満ちている。三つ子を端正に演じ分けた林遣都の力量も光る」と高評価を得た。

 放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、テレビ、ラジオの番組、関係者を顕彰するギャラクシー賞。テレビ部門では『ギャラクシー賞』活動の一環として、毎月、自主的に番組を推奨する『月間賞』を選定している。

 このほか6月度ギャラクシー月間賞として、ドラマスペシャル『スイッチ』(6月21日放送/テレビ朝日系)、魔改造の夜『トースター高跳び』『ワンちゃん25 m走』(6月19日、26日放送/日本放送協会)、ETV特集『すべての子どもに学ぶ場を~ある中学校と外国人生徒の歳月~』(6月27日放送/日本放送協会)が選出された。

関連リンク

林遣都&小松菜奈、初共演でW主演「見たことのない恋愛映画に…」
佐藤健、連続殺人事件の容疑者役で映画主演 刑事役に阿部寛、林遣都
『コントの日』林遣都が初参戦「めちゃくちゃ面白かった」
【スカーレット】林遣都、中学生役「3人そろえば大丈夫」
田中圭、林遣都の“涙”に苦情 愛あるダメ出しも…「たまにズレてるから気をつけろよ」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2167421/full/?anc=096

< >

Page Top