横浜流星、10月ドラマで料理男子

NEWS2019年8月29日6:00 AM

『4分間のマリーゴールド』に出演する(左から)桐谷健太、横浜流星 (C)TBS

 俳優の横浜流星が、10月スタートのTBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』(毎週金曜 後10:00)に出演することがわかった。横浜は、主人公の福士蒼汰、ヒロインで福士の義姉役の菜々緒、そして今回ともに追加キャストに決定した桐谷健太とともに一つ屋根の下で暮らす花巻家のきょうだいの末っ子で、料理男子の藍(あい)役に起用された。

【写真】オス感溢れる一面も…横浜流星、バキバキの“美腹筋”披露

 同ドラマは小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエ氏による原作漫画を実写化。福士演じる手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

 みことが9歳の時に、親の再婚を機に沙羅とともに義理の兄弟となった2人。桐谷演じる長男の廉(れん)は、父親が亡くなり、母親も不在がちな花巻家の親代わり的存在。元ヤンの強面ながら誰よりも家族思いな長男。桐谷は横浜の印象について「空気感がかわいらしいなと思いました」といい、廉は格闘技好きという設定であることから「極真空手の世界チャンピオンと聞いて驚きましたが、長男として格闘技では負けられないと思っています(笑)」とライバル意識を覗かせる。

 一方、末っ子の藍は一番クールに見えるが時折子どもっぽい一面を見せることもあり、特に実姉の沙羅からかわいがられている。家族の食事を作るのが藍にとっての楽しみであり、家族はみんな藍の作る料理が大好き。藍お手製の家庭料理で彩られる花巻家の食卓も見どころのひとつに。横浜は「僕自身はチャーハンと親子丼くらいしか作ったことがなくて…。これを機にイチから勉強して、楽しみながらもしっかりと料理シーンを演じたいと思います」と意気込む。

 また、「末っ子の高校生なのですが、すごく大人びているように思います。家族の中では愛情を注がれて育っているのですが、自立しているが故に周囲になじめない子で、そのことを家族に話せなかったりもします。そんな思春期ならではの心情を丁寧に演じていければと思います」とコメント。「このドラマは切ないけどすごく心が温まる作品です。ぜひ楽しみにご覧ください!」と呼びかけている。

関連リンク

【写真】主人公&ヒロインを演じる福士蒼汰と菜々緒
【写真集カット】ヒゲをたくわえたワイルドな姿も披露する横浜流星
【フォトギャラ】撮り下ろし…クールな表情の横浜流星 優しい笑顔の場面写真も
【場面カット】ミステリアスな役に挑戦…どこか遠くを見つめる横浜流星
【写真】横浜流星&杉野遥亮から壁ドン&バックハグ

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2143265/full/?anc=096

 
 

気になるタレントを検索してみる

 

Page Top