橋本愛『べらぼう』に出演決定

#横浜流星

エンタメNEWS2024年6月10日5:00 AM

橋本愛

 俳優の橋本愛が、2025年に放送予定のNHK大河ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~』に出演することが決定した。大河ドラマは『西郷どん』(18年)、『いだてん~東京オリムピック噺~』(19年)、『青天を衝け』(21年)に続き4作目。今作では、主演・横浜流星が演じる蔦屋重三郎の妻・ていを演じる。

【写真多数】美女がズラリ…第2弾キャストを紹介

 放送100年を迎える2025年は、日本のメディア産業、ポップカルチャーの礎を築き、ときに“お上”に目をつけられても“面白さ”を追求し続けた人物“蔦屋”こと、蔦屋重三郎が主人公。親なし、金なし、画才なし……ないないづくしの“江戸のメディア王”として時代の寵児になった快楽児・蔦屋は、文化隆盛の江戸時代中期に喜多川歌麿、葛飾北斎、山東京伝を見出し、日本史史上最大の謎の一つ“東洲斎写楽”を世に送り出す。脚本は森下佳子氏が担当。江戸時代の版元で浮世絵師の喜多川歌麿や葛飾北斎を世に出したことで知られる蔦屋重三郎の生涯を描く。

 橋本が演じるていは、とある市中の本屋の娘。謹厳実直で控え目な女性だが、それが故に損ばかりをしてきた過去をもつ。ある種、世慣れた遊女たちが集まる吉原で育った蔦重(横浜流星)にとっては非常に慣れないタイプの女性であり、ていにとっても蔦重はその出自も含めて受け入れがたい存在であった。しかし「本を愛する」という一点については共通しており、それが二人の絆となり、いつしかかけがえのない存在となっていく。

■コメント
このたび蔦屋重三郎の妻、ていを演じさせていただきます。どんな人物であったのか、夫とどんな関係性であったのかなど、彼女についての情報は全くといっていいほど残されていません。だからこそ、森下さんの描くていの姿を、自由に、豊かに演じられたらと思います。

蔦屋重三郎という人物が一体どんなふうに描かれているのか、とても楽しみです。彼について調べていくうちに抱いたイメージは、野心や反骨心、生命力に溢れる人だということです。横浜さんがどのように演じられるのか、その姿を妻の立場として、どのような目線で見つめるのか。今はまだ未知ですが、とても楽しみにしています。

これまでに参加させていただいた大河ドラマの作品はどれも宝物で、その存在、その経験が私を生かしてくれている、と感じることが何度もあります。今回の作品も自分にとって大事なものに、そして見てくださる方々にとって愛すべき存在となるよう、少しでも尽力できたらと思っています。

#横浜流星

関連リンク

【写真多数】美女がズラリ…第2弾キャストを紹介
【写真】主演の横浜流星、追加キャストの渡辺謙、染谷将太ら
福原遥、当代一の“花魁”に 大河ドラマ初出演に歓喜「目標にしていた」
小芝風花、初大河で“伝説の遊女”役「精一杯演じたい」 来年『べらぼう』追加キャスト発表
【写真】2025年大河ドラマで主演に!黒のスーツ姿で会見に登場した横浜流星&脚本・森下佳子氏

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2330776/full/?anc=013

< >

Page Top