正源司陽子、透明度抜群スマイル

#日向坂46#スマイル

エンタメNEWS2024年5月23日10:00 AM

『アップトゥボーイ Vol.339』の表紙&巻頭に登場する日向坂46の正源司陽子

 アイドルグループ・日向坂46の正源司陽子が、23日発売のアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ』vol.339(ワニブックス)の表紙に登場している。同誌から誌面カット&インタビュー抜粋が公開された。

【誌面カット】ドアップショット!彼女感抜群な宮地すみれ

 今号は11thシングル「君はハニーデュー」が発売中の日向坂46の大ボリュームグラビアを収録。丹生明里が表紙を務めた前号に引き続き2号連続、第2弾となる。

 表紙巻頭には、グループ初の選抜制度の導入で大きな話題を集めた同シングルでセンターを務める、四期生の正源司が登場。今号を含め、これまでの撮影日は全て快晴で、“陽子”という名前の通り、まさに太陽の子という晴れ女っぷりを発揮していた。巻頭20ページのグラビアは、そんな正源司にふさわしい下町純情ストーリーに仕上がっている。

 中面には、同じく日向坂46の四期生より宮地すみれがソロで登場。ソログラビア二度目の登場となる今回は、普通の女の子な“オフモード”と、とびっきり綺麗にキメた“オンモード”の2つの姿を撮影。彼女のような距離感を感じられるシーンと、ほぼ初めてだったというクールなシチュエーションもばっちりこなし、幅広い表現力を見せつけている。

▼正源司陽子インタビュー抜粋
――センターおめでとうございます!表題曲初参加にして初センター。やはり最初は不安感が大きかったようですね。

【正源司】ありがとうございます!今回のフォーメーション発表と新たな選抜制導入のお話は同じ日に聞いたんですが、メンバー全員困惑していましたし、私自身も11枚目はどうなってしまうんだろうっていう不安しかなくて。私なんかがセンターでどうしよう…って、わけがわからなくなっていたときに、丹生(明里)さんがパッと私のところに来て“後ろを振り返ったらこんなにたくさんの最高のメンバーがいるんだから、絶対できるでしょ!”っていう言葉を下さって、本当に心が救われました。

――丹生ちゃんだからこそ言える力強い言葉ですね。

【正源司】本当にうれしかったです。私がまだ未熟なので、割とすぐにパニックになってしまったり、自分のことだけで精一杯になってしまったりしがちなんですが、丹生さんをはじめ周りの先輩方は、自分がどんなにしんどいときでも他のメンバーのことを思いやっていて、改めて素晴らしいグループだということを実感することができました。

――表題曲の活動を通して、今後もそういった先輩方の素晴らしい一面を改めて知る機会が増えそうですね。さて、正源司さんが大好きな夏がもうすぐ来ます。今年の計画は?

【正源司】まだ一度も花火大会に行けたことがなくて。今年こそは絶対に行きたいです!あと、もう高校生ラストの年なので、同期のメンバーたちと制服で遊園地とかに遊びに行きたいです!夏、待ってろ~!

#スマイル#日向坂46

関連リンク

【写真】正源司陽子、動物コスで小坂菜緒に“甘えん坊”ハグ
【画像】そろってハイツインヒーローになった正源司陽子&藤嶌果歩
【フォーメーション一覧】初の選抜制を導入でセンターは正源司陽子「やれることは全力で精一杯尽くす」
日向坂46高本彩花、卒業発表「大好きだからこそ、この選択をしました」ひらがな一期生として8年間活動
日向坂46齊藤京子、卒業を発表 4・5に横浜スタジアムで卒コン「この日がアイドル人生最後の日」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2328267/full/?anc=284

< >

Page Top