江頭2:50「バンク尻―」を展示

エンタメNEWS2020年7月29日5:37 午前

『バンクシー展 天才か反逆者か』にて、お笑い芸人・江頭2:50によるアート作品「バンク尻―」を期間限定展示

 横浜・アソビルにて開催中の展覧会『バンクシー展 天才か反逆者か』(~9月27日まで)で、お笑い芸人・江頭2:50によるYouTube「エガちゃんねる」内で制作されたアート作品「バンク尻―」が、きょう29日から展示される。

【動画】江頭2:50の作品「バンク尻―」制作過程

 この作品は、江頭2:50がバンクシーに共鳴し、制作。お尻から発射した粉という独特の手法を用い、仕上がったステイシルアート作品は「こんな時代だからこそ1人でも多くの民衆を笑顔にしたい」という強い思いとともに、作品を通じで現代の政治、社会、文化、論理、矛盾、戦争への批判、皮肉、風刺を含んだメッセージを攻撃的に表現したもの。

 江頭2:50がこん身の力で生み出した作品が今回、同展からのオファー受け展示が実現。期間限定で見ることができる。

 同展覧会は、イギリスを拠点に活動し、社会風刺を凝らしたグラフィティアートやストリートアートで強いメッセージを発信し続け、世界で最も注目を集めるアーティストの一人、バンクシーのオリジナル作品や版画、立体オブジェクトを70点以上集めた展覧会。

関連リンク

【写真】『バンクシー展』展示作品の一部
バンクシー、日本初の展覧会開催が決定
見頃のバラがあふれる横浜を動画で体感
SHIBUYA109、6・1から営業再開 宣言解除受け施設の再開・制限緩和相次ぐ
スタバ、緊急事態宣言解除の東京など店内利用再開 27日より、ソーシャルディスタンス保つ配置に

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2168076/full/?anc=014

< >

Page Top