渡辺謙&窪塚洋介、24年ぶり再共演

#100%#真矢ミキ

エンタメNEWS2024年3月21日7:36 PM

『TOKYO VICE Season2』舞台あいさつに出席した(左から)窪塚洋介、菊地凛子、アンセル・エルゴート、渡辺謙、笠松将、真矢ミキ(C)ORICON NewS inc.

 俳優の渡辺謙と窪塚洋介が21日、都内で行われたWOWOWハリウッド共同オリジナルドラマ『TOKYO VICE Season2』舞台あいさつに登壇した。大ヒットドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)以来、24年ぶりに再共演を果たした。

【動画】渡辺謙&窪塚洋介、『IWGP』以来24年ぶり再共演!変わらぬ役柄にボヤキ!?

 今作はWOWOWとHBO Maxの日米共同制作による超大作ドラマ・シリーズ第2弾 。東京の大学を卒業したアメリカ人青年ジェイク(アンセル・エルゴート)は、故郷に戻ることを勧める両親に反し、日本の大手新聞社に就職。警察担当記者となったジェイクは特ダネを追いかけるうち、ヤクザ絡みの事件を手練れで解決する刑事・片桐(渡辺)と出会う。

 劇中では窪塚いわく「鬼畜」なヤクザ・葉山を演じた窪塚は「一番遠いところにいる」とギャップを感じていたそう。だが「気負いもあって本読みに臨んだ。そういうモードで全部終えて、タバコすってたら謙さんが来てくれて『窪塚、あんな芝居しなくていい。そのままで葉山なんだから』…あんまうれしくねえ!」と叫んで笑いを誘った。

 これを受け渡辺は「本を読んで葉山という役なんですけどとにかくやばい。こんなやついたら半径10メートル以内には近寄りたくない…でも窪塚(が演じると聞いて)オッケーオッケー(笑)」とハマり役に太鼓判を押す。

 「あの時も刑事と不良だったんです。今回も刑事と不良。20年経っても刑事と不良って変わらないのかな」とする窪塚に、撮影は1度だけ一緒だったという渡辺は「でも大人になったな、窪塚って思った。その頃のある種、爆発するエネルギーじゃなくて地下からマグマのように出るエネルギーを感じてうれしかったです」と成長に目を細めた。

 かつて窪塚はロンドンで渡辺の舞台をこっそり鑑賞したという。「楽屋口が開いてて謙さんが『あっはは!』ってみんなをねぎらっているのが遠目で見えた。でも(声をかけるのを)やめたんです。もうちょっとちゃんと人間になってから会おうかな、今は会えない、と。会わなかったら、ここで会えて。またご一緒できてよかったです」と喜んだ。

 舞台あいさつには、アンセル・エルゴート、笠松将、真矢ミキが参加した。4月6日から配信・放送開始。

#100%#真矢ミキ

関連リンク

【集合ショット】ケーキをパクリ!仲良しショットを披露した豪華出演者たち
【写真】“初の親子共演”を果たした渡辺謙&杏
【写真】虎党・渡辺謙、監督の“巨人メガホン”捨てる「それはないだろうって」
【写真】肩を組んで笑顔の渡辺謙と加瀬亮
【写真】「どんどん若く…」“超ミニ”で美脚全開!2児の母・菊地凛子

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319168/full/?anc=096

< >

Page Top