片寄涼太主演の『病室で念仏』配信

エンタメNEWS2020年1月9日7:16 PM

Paraviオリジナルストーリー『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』で主演を務める片寄涼太(C)ORICON NewS inc.

 1月期のTBS系新ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(17日スタート、毎週金曜 後10:00※初回15分拡大)では、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が演じる研修医・田中玲一を主人公にしたオリジナルストーリー『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』を制作。本編の放送に先駆けて、動画配信サービスのParavi(パラビ)で11日午前10時より配信開始となる(※第1話のみTBS FREE・TVer・GYAO!でも11日から期間限定で無料配信)。

【集合ショット】片寄涼太、松本穂香、ムロツヨシら豪華キャスト陣が集結!

 『病室で念仏を唱えないでください』は、こやす珠世氏の同名漫画(小学館「ビッグコミック増刊号」連載中)が原作。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤英明)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

 片寄が演じる玲一は、松本と考え方や行動が全く真逆なため何かと反発するサトリ世代の研修医として本編にも登場。医者の家庭で育ち、とりあえず選んだ救命救急の場で風変わりな医師たちが起こす奇跡を目の当たりにし、玲一はどう成長するのか…。配信ドラマでは、本編では描き切れない患者や家族のその後のエピソードなどを、一人の研修医を通して本編とは違った角度で描いていく。配信ドラマの第1話は、本編の第1話につながる内容になっている。

 9日に都内で開催された制作発表会に出席した片寄は、オリジナルストーリーについて「より深くあおば台病院のことを知っていただける作品。さとり世代の田中くんが実は裏でこんなことを思っていたんだ、というのをお届けできたら」と、コメント。本編と並行して撮影しており、大変なこともあるが、「精一杯、いい経験したい」と意気込んでいる。

 大阪の実家に帰省した際には、研修医として働いている高校時代の同級生2人から「リアルな声を聞いた」と、真摯(しんし)に取り組んでいる。命を救う医療行為のシーンだけでなく、「みんなで食事をしているシーンも出てくる。それは多くの命をいただいていることでもあり、こうして生きているんだな、という違った目線からも命を感じ取ってもらえたら」と、思いを語っていた。

 配信ドラマの第2話以降は、本編終了後に配信。本編に出演するレギュラー陣や、各話のゲストなども出演予定で、誰がどのようなシチュエーションで登場するのか、本編ドラマとの絡みも見どころとなっている。

関連リンク

【写真】大胆な「キス」を披露した中谷美紀
【写真】似てる?着物姿の市川海老蔵、子どもたちとの親子3ショット
【写真】太ももチラリ…!中谷美紀、ひざ上20cm以上のチャイナドレスで美脚披露
【写真】松本穂香がグラビアでみせた、ドキッとする美しい表情
【集合ショット】片寄涼太、松本穂香、ムロツヨシら豪華キャスト陣が集結!

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2152856/full/?anc=014

< >

Page Top