獅童「舞台に立ったらライバル」

#ビートたけし#中村獅童

エンタメNEWS2024年5月28日1:16 PM

2人の息子との共演に「舞台に立ったらライバル」と語った中村獅童 (C)ORICON NewS inc.

 6月1日に開幕する歌舞伎座 「六月大歌舞伎」 で中村獅童の長男・小川陽喜が初代中村陽喜(なかむら はるき)、次男・小川夏幹が初代中村夏幹(なかむらなつき)として、初舞台に臨むことを祝した「祝幕」お披露目会見が28日、東京・歌舞伎座で行われた。

【写真】微笑ましい親子3ショット!長男・陽喜くんはすっかりお兄さんに

 提供された祝幕は高さ約7メートル、幅約31メートルでお笑い芸人・ビートたけしの原画を大きくあしらった。力強い風神雷神の近くには今回が初舞台となる陽喜、夏幹の名前が添えられた。初めて実物の祝幕を見た2人は興味津々。デザインは陽喜が最終的に選んだといい、舞台上を動き回りながら自分が好きなポイントを説明した。

 陽喜、夏幹の父である獅童は会見で「正直な話、6演目4演目が初役であり、子どもたちの襲名も自分にとって初体験。もう何が何だかわかりません(笑)」と切実な心境を明かしながら舞台を直前に控える2人について、「兄弟で助け合っている感じもあるけども、ライバルなのですかね。私とも子どもたちはライバル。舞台の上に立ったら親子ではなくライバル。この子たちには負けたくない」と意気込んだ。この発言を受けて報道陣から「お父さんより上手になりたい」と問われた陽喜は「ある」と即答し、報道陣を沸かせた。

 その後の会見では夏幹の大物の誕生を予感させるちょっとしたアクシデントもありながら、堂々たる姿を見せた2人。獅童は「とにかく舞台が大好きな2人。元気よく最後まで精一杯楽しくやってくれたら」とエールを送った。

  6月1日に開幕する歌舞伎座「六月大歌舞伎」において、中村時蔵が初代中村萬壽、時蔵の長男・中村梅枝が六代目中村時蔵をそれぞれ襲名し、梅枝の長男・小川大晴が五代目中村梅枝として、中村獅童の長男・小川陽喜が初代中村陽喜、次男・小川夏幹が初代中村夏幹として初舞台を勤める。萬屋一門が揃い踏み、襲名を披露するとともに、一門の未来を担う若き3人が歌舞伎俳優としての一歩を踏み出す公演となっている。

#ビートたけし#中村獅童

関連リンク

【写真】歌舞伎のポーズ!3人揃って登場した中村獅童&長男・陽喜くん&次男・夏幹くん
【写真】中村獅童デレデレ!妻・沙織さんと見つめ合うラブラブショット
【写真】笑顔で中村獅童の”大役”を奪う長男・陽喜くんと次男・夏幹くん
【写真】小池百合子都知事、中村獅童らがテープカットに参加
【全身ショット】ブルーのワイシャツでビシッとスーツを着こなす中村獅童

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2328878/full/?anc=305

< >

Page Top