生田斗真、大河誕生奮闘記で主演

#奮闘記#大河ドラマ#生田斗真#金子茂樹

エンタメNEWS2022年7月20日4:35 PM

ドラマ『大河ドラマが生まれた日』で主演を務める生田斗真

 俳優の生田斗真が、テレビ70年記念ドラマ『大河ドラマが生まれた日』(NHK/2023年2月放送予定)で主演を務めることが決定した。若きテレビマンたちによる笑って泣ける大河ドラマ誕生奮闘記で、金子茂樹氏が脚本を手掛ける。

【写真】大河の歴史は脈々と受け継がれ…現在放送中の『鎌倉殿の13人』

<生田斗真のコメント>
長い歴史のある大河ドラマに何度か出演させていただきましたが、その一番はじめ、いったいどうやってこの大河ドラマが始まったのか。意外にもいろいろと笑えるエピソードがあることが分かりました。どんなドラマになるのか、私自身もとても楽しみにしています。

金子茂樹さんとは何度かご一緒させていただきましたが、とても素晴らしい脚本です。完成を楽しみに待っていてください。この夏は、このドラマの撮影に全身全霊を捧げたいと思っています。

■『大河ドラマが生まれた日』のあらすじ
1962年。NHK芸能局の若手アシスタントディレクター・山岡(生田斗真)は、上司の無茶ぶりに困り果てていた。ドラマ業界を全く知らない新しい芸能局長が「テレビ10周年を記念した大型番組を作れ。映画に負けない日本一の大型娯楽時代劇だ」と号令を発したのだ。

この頃、映画会社は「五社協定」を結び専属俳優をテレビに出さないことにしていた。それを突破すべく、山岡たちは大スター・佐田啓二の宅に日参する。しかし何度足を運んでも色よい返事はもらえず、「もうあきらめます」と最後のあいさつに行ったその日、佐田は出演を受けてくれたのだ。

佐田はアメリカの友人に、アメリカのテレビ事情を聞き、「将来、娯楽の王様はテレビに変わる」と知らされたのだった。佐田の出演決定により、雪崩を打つように映画スター たちの出演が決まった。

しかし、収録が始まると、現場は問題勃発ばかり。 山岡たちは現在では一般的になった収録方法をどんどん生み出しながら、放送日に向けて突き進んでいく。

#金子茂樹#生田斗真#奮闘記#大河ドラマ

関連リンク

【貴重写真】高校生時代からの親友、生田斗真&尾上松也2ショット
【写真】“役者一本”への思い語る…『GINGER』表紙を飾った生田斗真
【写真】バナナマン日村と“ふたりっきり旅”を満喫した生田斗真
【写真】豪快な食べっぷり!おむすびを勢いよく頬張る生田斗真
【写真】ド派手!金スーツで登場した生田斗真

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2242916/full/?anc=013

< >

Page Top