田中みな実、結婚観の違いに物申す

エンタメNEWS2020年2月4日8:37 PM

2月11日放送、NHK総合『モンダイな条文 ~世界の“謎ルール”~』に田中みな実が出演。バカリズムの好感度はアップ!?(C)NHK

 フリーアナウンサーの田中みな実が、NHK総合で11日に放送される『モンダイな条文 ~世界の“謎ルール”~』(後7:57~8:42)の収録中、男女の結婚観の違いに語気を強めるひと幕があった。

【写真】日本中をトリコにする田中みな実の最新グラビア

 同番組は、世界各国にある、摩訶(まか)不思議な“謎ルール”=法律(条文)をピックアップし、その国の事情や歴史を探り、こうした条文が成立した理由や影響を取材して、世界の多様な価値観を紹介しながら、人間の営みや社会のあり方を見つめ直す新感覚リーガル・バラエティー。MCはバカリズム、ゲストとして、田中、石原良純、澤部佑(ハライチ)が出演。法の女神テミス(天の声)を山崎弘也(アンタッチャブル)が務める。

 それは、「結婚は1ヶ月待たないと認められない」というロシアの“モンダイな条文”について、意外な事実が明らかになった後、田中は「結婚って、一生に一度のものだと私たちは思ってるけど、固定観念なのかも…」と、ポツリ。昨年12月に結婚したばかりのバカリズムに「婚約から結婚までの時間は空いてたんですか?」と聞くと、「もともと付き合う時って、結婚を前提とするんじゃないですか?」という返しが。

 「えっ!?」と、驚きを隠せない田中。澤部が「今のは好感度上がりますね(笑)。今は、とりあえず付き合って…みたいな若い子が多いんじゃないですか」と口を挟むと、田中が語気を強め 「男性って、覚悟がないまま付き合う人が多い気がします。女の子が『そろそろ結婚・・・』っていうと、『いやいや、まだやることある』って、はぐらかすことが多いじゃないですか!」と、思わず私情が出てしまった(!?)。

 番組ではほかにも、 「美人は、政府の許可がないと出国できない」(ベラルーシ)、「ホットドッグ店の店員は、セクシーな格好をすると逮捕される」(米・フロリダ州)、「郵便局員は、犬と目を合わせてはいけない」(イギリス)、「汚れた車を運転したら、罰金を科す」(トルクメニスタン)など、「えっ、こんなルールが!?」と驚くような法律(条文)の数々が紹介される。

 ちなみに、田中は「中学高校は器械体操部だったんですけど、とても上下関係が厳しくて、先輩が通ったら先輩の人数分、あいさつをしなきゃいけなかった。『こんにちは! こんにちは! こんにちは! こんにちは! こんにちは!』って、先輩が通るたびに言う」という“謎ルール”に従っていた時期があったそう。収録後、「世界にこれだけ“謎ルール”があるんだったら、国内にもまだまだ私たちが知らない不思議なルールがあるんじゃないかな?」と話していた。

関連リンク

【写真】新カットも話題! ボディラインあらわ…ヌーディーショットも公開した田中みな実
【写真】撮影で着たウェディングドレス姿を自撮りする田中みな実
【写真集カット】田中みな実、大胆にシャツをまくりあげ…下乳&くびれを披露
【写真】「めちゃくちゃ美人!」「似てますね」田中みな実が母を紹介
【写真】ボディラインあらわ…ヌーディーショットを公開した田中みな実

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2154670/full/?anc=014

< >

Page Top