真剣佑、北村匠海のネタを“泥棒”

エンタメNEWS2020年2月1日11:15 AM

(左から)北村匠海、田真剣佑=映画『サヨナラまでの30分』公開御礼舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

 俳優の新田真剣佑、北村匠海が1日、都内で映画『サヨナラまでの30分』の公開御礼舞台あいさつに登壇した。

【動画】アカペラで美声を披露した新田真剣佑


 公開を迎え、真剣佑は「プライベートの友だちとかから『すごく泣いた』とか『3回泣いた』とか聞いた」と反応を明かし、北村も「(反響の)コメント見てるとニヤニヤします。考察やまとめがいろいろ出た。母親のエゴサーチ能力が高くて、つどつど送られてくる。『ダークホースだ』と言われたり…ダークホースって、カッコいいですよね。ありがたい。役者冥利に尽きます」としみじみ口にした。

 北村は映画を見て、4回泣いたという。「最後、こらえきれなかった。自分なんだけどね(笑)」と苦笑い。真剣佑はというと「匠海と違って客観視できない人間。撮影しているときは自分じゃないですけど、見ると自分の顔。入ってこない。逆に泣けなかったですね」と明かした。

 また、映画の内容にかけて“かけがえのないもの”についてトーク。北村は「サウナ、カレー、サボテンに水をやるは置いておく。当たり前なので」と鉄板ネタの“封印”を宣言すると、真剣佑は「(サボテンと)会話するんでしょ? でも、サボテンの方が上から目線なんでしょ?」と“トーク泥棒”をして笑わせた。そして北村は「自分があした、どうなるか分からない。当たり前なんてないので、だとしたら自分の好きなことをしていたい。至福な時間はカレーを食べて、サウナに入って、帰って植物と会話するかな」と、ものの数分で自ら制約を解除していた。

 一方の真剣佑は同じ質問に「今かもしれないですね。誰もまだ知らない映画の脚本を読んで、誰もまだ知らない映画の撮影をゼロから僕たちがやって、皆さんに観てもらえる。この機会、一つひとつがかけがえのない瞬間かな」と熱い思いを語るやいなや「今、すっごくいいこと言ったね」とコメント力を自画自賛。北村も「すごくいい。見出しになるね」と同調していた。

 同作は完全オリジナルの青春音楽ラブストーリー。1年前に死んだバンドミュージシャン・アキ(新田)が遺したカセットテープを拾った大学生の颯太(北村)。それは、再生される30分間だけ、颯太の中身がアキになるふたりをつなぐもの。颯太の体を借りたアキは、恋人のカナ(久保田紗友)やバンド仲間に会いに行き、アキと颯太の歌が彼女に届くとき、3人の世界が大きく変わっていく。

関連リンク

【ソロショット】舞台あいさつに登壇した新田真剣佑&北村匠海
【写真】癒やしショット…北村匠海の頭を”なでなで”する新田真剣佑
【写真集カット】寝起きショットも…新田真剣佑の素顔が満載
【写真】新田真剣佑&北村匠海のイチャイチャ 2人なら「何にだって勝てる」
新田真剣佑、藤原竜也のモノマネやりすぎで“せりふ飛ぶ”「本番より集中してしまった」

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2154333/full/?anc=181

< >

Page Top