神尾楓珠、友人の映画感想に苦笑

#神尾楓珠#西野七瀬

エンタメNEWS2022年7月23日12:27 PM

映画『恋は光』舞台あいさつに登壇した神尾楓珠(左)と西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の神尾楓珠と西野七瀬が23日、都内で行われた映画『恋は光』感謝御礼舞台あいさつに小林啓一監督とともに登壇した。口コミによるロングラン上映への感謝を込めた今回のイベント。周囲の反響について神尾は「地元の友だちが普段連絡とらないんですけど、観に行ったって。ありがとう、と言ったら『七瀬ちゃん目当て』と言われて…世代なので」と苦笑した。

【写真】舞台あいさつで優しく微笑む西野七瀬

 秋★枝氏による漫画『恋は光』(集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)を、映画『ももいろそらを』『殺さない彼と死なない彼女』などの小林監督が実写化。“恋をしている女性が光を放ってキラキラして視(み)える”という特異な体質を持つ男子大学生・西条(神尾)の初恋を描く。西野は西条に長年思いを寄せる幼なじみ・北代を演じている。

 恋を遠ざけてきた大学生・西条として、これまでとは違った役柄に挑戦した神尾は「今までと違う役柄も違和感もなくて『振り幅がある』と言ってもらえたのがうれしかった」と喜び、「神尾楓珠ってそういう役もできるんだな』ってSNSで見かけたりもありました」と反響をうれしげに報告。

 一方で、当初はキャラをつかみにくかったという西野は「はじめは難しかったですが、どこかつかめたタイミングから相談しつつ撮っていけた」と話すと、片思い相手を演じた神尾は「西条には見えないように(微妙な表情の変化を)演るから、僕は感じていなくて、『この時、こんな表情してたんだ』と観た時に発見した部分が大きい。見えないようにやるのがすごい」と恋心を繊細に演じた西野を絶賛する。

 しかし当の本人はピンと来てない様子でなぜか「今の話、私の話じゃないと思ってた」とマイペース。細やかな演技についても「しましたっけ?監督の演出のおかげです」と謙虚な姿勢。小林監督から「ある瞬間から急にスイッチが入って、めちゃくちゃ演技が立体的になった。意識していない部分は自分でそうやってたんだと思う」と感心されるも、西野は「北代と相性がよかったんですかね」とほほえみを浮かべていた。

#西野七瀬#神尾楓珠

関連リンク

【試読】「恋は光」の電子書籍
【写真】『恋は光』切ない恋心を”目だけ”で演じる西野七瀬
【動画】浴衣姿で理想の夏デートを妄想する西野七瀬
【貴重ショット】幼い頃からイケメン…神尾楓珠の幼少期写真
【写真】西野七瀬、ミニスカ×網タイツで大人の色気

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2243223/full/?anc=096

< >

Page Top