神戸大が謝罪 “旅館破壊”の内容

エンタメNEWS2024年3月25日5:16 PM

神戸大学が謝罪(公式サイトより)

 神戸大学は、合宿中に不適切な行為を行ったバドミントン同好会や学生に聴き取りを行い、25日に公式サイトを通じ、経緯などを説明するとともに、あらためて謝罪した。


【写真】「一切関係ございません」神戸大学体育会バドミントン部が声明

 X(旧ツイッター)で、神戸大学のバドミントン同好会が合宿中、旅館の障子や天井を破壊したり、備品を持ち帰ったのではと指摘され、写真や動画が拡散、ネットは炎上状態となっていた。

 大学側は19日に「このたび、本学学生による不適切行為がSNS上に掲載されており、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。詳細につきましては現在、学内で調査中であり、調査結果により大学として厳重に対処いたします」などと対伝えていた。

 新たな発表では、「このたび、本学非公認課外活動団体のバドミントン同好会『BADBOYS』(バドボーイズ)の学生らが宿泊先の旅館で障子を破る、胴上げして天井を破る、灰皿を倒して破損する行為を行いました。被害を受けられた宿泊施設の皆様には大変ご迷惑をおかけするとともに、多くの方にご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と、同好会を特定する形で、陳謝した。

 大学の教育担当理事や同好会顧問が施設に謝罪したという。同好会には「活動停止」を通告し、今後「春合宿に参加した学生への聴き取りを早急に終了させ、大学としての調査結果をまとめた後、厳重、厳正なる対処を行います」とした。

■経緯
本同好会が3月10日から16日の春合宿中、宿泊先の旅館で障子を破る、胴上げして天井を破る、灰皿を倒して破損する行為を行いました。これらの動画や画像がSNS上に掲載されたことにより発覚しました。すでに、教育担当理事、バドミントン同好会「BADBOYS」顧問が学生の行為について謝罪のため宿泊施設に伺い、同好会の会長を務める学生等数名から本件の概要を聴き取っているところです。

■今後の対応
春合宿に参加した学生への聴き取りを早急に終了させ、大学としての調査結果をまとめた後、厳重、厳正なる対処を行います。
なお、本同好会は、最終的な処分が決定するまで活動の停止を大学から通告しております。
また、再発防止のため、本学のすべての学生に向けて、一人の成人として倫理観と節度を持った行動をとるよう文書により注意喚起を行っており、今後、さらに公認・非公認の課外活動団体の代表者を集め、改めて注意喚起を行う予定です。

関連リンク

「551蓬莱」豚まんに異物で謝罪・回収…16日製造分に“樹脂”混入 食べずに返送呼びかけ
バーレスク東京、経営者逮捕も営業再開へ 詳細も報告「『風俗営業』の許可を取得できなければならない接待行為があった」
【画像】「当社元社員の逮捕に関する報道について」説明した栄光の発表文
山田養蜂場、専務取締役逮捕で“深くお詫び”「関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配」 14日付で解任【コメント全文】
【画像】『東海道新幹線再生アルミ』を活用した金属バット

カテゴリ

経済

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319935/full/?anc=271

< >

Page Top