神田松之丞“伯山襲名”に熱い心境

NEWS2019年12月1日6:39 PM

神田松之丞 (C)ORICON NewS inc.

 講談師・神田松之丞が1日、都内で行われた『講談えほん』の発売記念イベントを行った。来年2月に講談界の大名跡「6代目・伯山(はくざん)」を襲名予定の松之丞は、囲み取材で心境を明かした。

【写真】『講談えほん』を紹介する神田松之丞

 「伯山は、45年ぶりの大名跡で、歌舞伎でいえば『團十郎』に匹敵する」とリスペクトの思いを語った松之丞。「5代目まで全員名人。僕は名人になれるかわからないですけど、頑張りたいですね」とリラックスした様子で語りつつ「伯山の価値を分からせると生意気にも思ってますね」と熱い胸の内ものぞかせた。

 『講談えほん』は、日本の伝統芸能・講談を子どもたちに伝えるため、松之丞が監修。先月28日に『西行「鼓ヶ滝」』、『大岡越前「しばられ地蔵」』、『宮本武蔵「山田真龍軒」』が3巻同時刊行された。

 この日のイベントでは、親子連れや、松之丞がパーソナリティを務めるTBSラジオ『神田松之丞 問わず語りの松之丞』のリスナーら、約300人が駆けつけた。司会の出水麻衣アナウンサーとともに、絵本の読み聞かせや講談を行った松之丞は、手応えを問われると「ほどほどにウケてましたね」と笑っていた。

関連リンク

神田松之丞&滝沢カレン、人気のふたりの共通点は? 「ガツガツしない」生き方への共感
【動画】神田松之丞、「ターミネーター」オリジナル講談披露
『問わず語りの松之丞』イベントレポート “TBS朝の顔”志らくが松之丞とトークと芸で熱い火花
『問わず語りの松之丞』イベントレポート 波乱の昼の部を救った男と松之丞の化学反応
気鋭の講談師・神田松之丞、“芸能界の叔父貴”太田光との関係は「談志師匠に受けた恩の一部を僕に…」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2149900/full/?anc=013

 
 
 

Page Top