菜々緒、初歌唱 劇中歌シーン解禁 

NEWS2018年12月7日7:52 AM

『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日公開)上がヴァネロペとラルフ、下がシャンク(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

 今月21日公開のディズニー・アニメーション映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の本編から、ヴァネロペとシャンクが歌う劇中歌「あたしの居場所」の本編シーンが解禁された。カラフルな車の上でダンサーがノリノリでダンスするシーンは、まるで『ラ・ラ・ランド』のワンシーンのよう(!?)。シャンク役の日本版声優を務める菜々緒の自身初の歌唱にも注目だ。

【動画】『シュガー・ラッシュ:オンライン』劇中歌

 人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケード・ゲームのキャラ
クター、ラルフとヴァネロペの冒険と友情を描いた『シュガー・ラッシュ』(2012年、日本公開は13年)。その最新作となる本作は、プリンセスでありレーサーのヴァネロペと、大親友の心優しいゲームの悪役キャラクターラルフが、ハンドルが壊れてしまったレースゲーム“シュガー・ラッシュ”の危機を救うために、インターネットの世界に飛び出すという物語。

 好奇心旺盛なヴァネロペがインターネットの世界で出会う人物の一人が、天才レーサー・シャンク。何でもアリなインターネットの世界で、ヴァネロペはシャンクがいる超過激なレースゲーム“スローターレース”に行き、新たな夢を持つことに。シャンクはそんなヴァネロペに優しくアドバイスするなど、ヴァネロペにとっては頼れる存在になっていく。そんな2人が一緒に歌うのが「あたしの居場所」だ。

 ヴァネロペが自分のやりたい夢を見つけ、インターネットの刺激的な世界に進もうと決心した心境を歌っている曲になっており、ポップでノリノリなアップテンポな楽曲で、ヴァネロペのワクワクした心境がメロディに反映されているよう。赤や青や黄色などカラフルな車の上でダンスするシーンは、まるで2016年に大ヒットしたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』を彷彿とさせる(冒頭で歌われる「Another day of sun」も夢に向かってワクワクする気持ちが込められた歌で、車の上で大勢の人たちがダンスするシーンが描かれていた)。

 ヴァネロペは「わーくわくがワォ! 止まんない!」と歌い出す。夢に向かって進んでいくヴァネロペにシャンクも「もう何も迷わないで」と優しく返し、まるでミュージカルのようなハモリも披露。ディズニーキャラクターたちの豪華共演だけでなく、インターネットの世界だからこその映像にも注目だ。

 菜々緒は「初めて挑戦した歌のシーンはものすごく緊張しましたし、プレッシャーもすごかったです。事前にしっかりボイストレーニングを積んで臨みました」と入念な準備を整えて臨んだそう。レコーディングを無事に終え、「何にでもチャレンジしたり、努力すべきだなと感じました。自分はダメだろうなと思い込んだり、やらないという選択をするのではなく、チャレンジしてみるものだなとすごく思いました」と、めちゃくちゃポジティブになっていた。

 本作の監督、リッチ・ムーアとフィル・ジョンストンも先日の来日記者会見で、菜々緒の歌唱シーンを「いつでもプロデビューできるくらいのレベルだよ!」と大絶賛。さらに「クールなだけでなく、実はとても優しいキャラクターのシャンクにピッタリだ!」と歌声だけではなく、声の演技についてもハリウッドのアニメーション界を代表する2人の監督からお墨付きをもらっている。

 シャンクはラルフとヴァネロペの運命を左右する重要なキャラクターとなっており、このミュージカルシーン以外でもシャンクがどんな活躍を見せるのか、注目だ。なお、日本版でヴァネロペは諸星すみれ、ラルフは山寺宏一が演じている。

関連リンク

東京ディズニーランド、2020年春オープンの新施設名称決定 メイキング映像も
新たなディズニーホテル開発へ 2021年度開業予定 映画『トイ・ストーリー』シリーズがテーマ
青山テルマ、6年8ヶ月ぶりにシングル発売 ディズニー映画の日本版エンドソング
ディズニー歴代プリンセス女子会で悩み告白 『シュガー・ラッシュ』最新作の場面カット公開
ディズニープリンセスたちの激レア私服ビジュアル 前売り特典の限定ポストカードに

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2124958/full/?anc=014

 
 
 

Page Top