西島秀俊&水上恒司が“二人一役”

#西島秀俊#100%

エンタメNEWS2024年3月25日5:00 AM

(左から)西島秀俊、水上恒司 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の西島秀俊、水上恒司が、都内で行われたテレビ朝日ドラマプレミアム『黄金の刻(とき)~服部金太郎物語~』(30日放送 後9:00)の記者会見に出席した。


【全身ショット】似てる? 同一人物を演じる西島秀俊&水上恒司

 服部金太郎は、日本初の腕時計、世界初のクオーツウォッチを発売したことで知られる「セイコーグループ」の創業者。同作では、そんな金太郎の波乱の人生を描き出す。丁稚奉公から時計修理職人を経て、時計の製造工場「精工舎」を設立し、国産初の腕時計を製造販売。常に時代の先を読み、「義理」「人情」「恩義」を大切にしながら、一歩ずつ己の夢をかなえていった金太郎だが、一方で火災や震災など、数々の困難が彼の人生を襲う。

 脚本を担当したのは、映画『凶悪』(2013年)で日本アカデミー賞・優秀脚本賞受賞の後、映画『東京リベンジャーズ』シリーズや、ドラマ『警視庁アウトサイダー』などヒット作を担当した高橋泉氏。映画『奥様は、取り扱い注意』(2021年)以来の共演となり、主人公・金太郎の壮年期を西島、青年期を水上が演じる。

 “二人一役”に挑戦する西島は、水上をチラリと見て「こんな男前と一緒に…」と笑顔を浮かべる。さらにお互いの共通点を問われると、西島は「眉毛がボサボサなところ」、水上は「顔の彫りが深いところ」が似てるとそれぞれ答えた。

 劇中では、時間軸の違う同一人物を演じているため、水上が「一緒の現場が少ない」と残念そうに語ると、西島も「絡みたかったね」とポツリ。水上が「いつかまた、ガッツリ敵対する役とかで…」と再共演を望むも、西島は「味方でいいじゃん(笑)。敵対してるからまた会えないよ?」と笑いながらツッコミを入れていた。

 最後に西島は、視聴者に向けて「本当に素晴らしいキャスト、素晴らしいスタッフと一生懸命、毎日丁寧に作ったドラマです。登場人物全員でいろんな困難を乗り越えていく物語です。見ていただいた方が未来に夢や希望を持ってまい進しようと、前向きな気持ちになっていただけたら、こんなに幸せなことはありません」と呼びかけていた。

#100%#西島秀俊

関連リンク

【画像】面影ある?西島秀俊が演じた金太郎
【動画】西島秀俊、弱点はダンス「絶対に嫌」
【動画】サプライズ登場にファン歓喜!笑顔で神対応する西島秀俊
【画像】水上恒司の鍛え上げた肉体美
【動画】ルイ・ヴィトンをクールに着こなし照れ笑い!?フォトコールでお茶目な一面をみせた水上恒司

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2316537/full/?anc=013

< >

Page Top