金9『イップス』第7話あらすじ

#篠原涼子#勝村政信#清水くるみ#バカリズム

エンタメNEWS2024年5月24日7:00 AM

金9ドラマ『イップス』第7話より(C)フジテレビ

 俳優の篠原涼子とお笑いタレントのバカリズムがW主演するフジテレビ系金9ドラマ『イップス』(毎週金曜 後9:00)の第7話が、24日に放送される。それを前に、あらすじと場面写真が公開された。

【画像】篠原涼子&バカリズムがバディ!『イップス』第7話場面写真が盛りだくさん

 本作は小説を“書けなくなってしまった”おしゃべりなベストセラーミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を“解けなくなった”自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いにイップスを抱えた2人が、事件を解決していくミステリーコメディー。絶不調なバディが補い合い、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていく。

■第7話あらすじ
 黒羽ミコ(篠原)は、監禁事件以来休養を命じられている森野徹(バカリズム)にメッセージを送り、気晴らしにどこかに行こうと誘う。ミコのマネージャー・初田豊(勝村政信)の運転でストレス発散できる場所へ向かうことに。

 合流した3人は、室内の物を自由に破壊できる“物ぶっ壊し体験”のアミューズメント施設へ。そこでストレスを発散したミコたちは、順番を待っていた元フィギュアスケーターの皇真白(村上佳菜子)に気付く。真白は、ワールドフィギュアを日本人として初めて2連覇し“氷上のジャンヌダルク”の異名を持つスター選手。引退後はコーチとして、将来を嘱望されているフィギュアスケーター・倉科吹雪(青山凌大)を指導していた。吹雪の大ファンだったミコは、森野の制止を振り切って真白に声をかける。真白が自分のことを知っていたことでますます調子に乗ったミコは、真白と連絡先を交換することにも成功した。

 それから数日後、ミコのもとに真白から連絡が入る。吹雪もミコの大ファンで、ミコのことを話したら会いたいと言っているのだという。喜んだミコは、さっそく真白が選手たちを指導しているスケートリンクへと向かった。練習を見学後、真白とともに吹雪がいるというトレーニングルームを訪れるミコ。するとそこには、真白に代わって新たに吹雪のコーチに就任することになっていた奥森美音(清水くるみ)が死んでおり、その側には吹雪が立っていた。

#清水くるみ#勝村政信#篠原涼子#バカリズム

関連リンク

【写真】息ぴったり!ピースサインする篠原涼子&バカリズム
【写真】「仲良さそう!」篠原涼子の言葉に笑顔を見せたバカリズム
【写真】透明感あふれる花柄ワンピで約20年ぶり『JUNON』に登場した篠原涼子
【全身ショット】美脚がちらり…真っ白ワンピース姿の篠原涼子
【全身ショット】篠原涼子、タイトなドレスで抜群のプロポーション披露

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2328433/full/?anc=247

< >

Page Top