金9『イップス』第9話あらすじ

#バカリズム#萩原利久#篠原涼子

エンタメNEWS2024年6月7日6:00 AM

金9ドラマ『イップス』第9話より(C)フジテレビ

 俳優の篠原涼子とお笑いタレントのバカリズムがW主演するフジテレビ系金9ドラマ『イップス』(毎週金曜 後9:00)の第9話が、きょう7日に放送される。それを前に、あらすじと場面写真が公開された。

【写真】不運すぎる殺人犯を演じる萩原利久『イップス』第9話の場面写真が盛りだくさん

 本作は小説を“書けなくなってしまった”おしゃべりなベストセラーミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を“解けなくなった”自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いにイップスを抱えた2人が、事件を解決していくミステリーコメディー。絶不調なバディが補い合い、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていく。

■第9話あらすじ

 宮永隆一(萩原利久)は、“何をやっても運のない男”だった。友人の大城俊(三浦りょう太 りょう=けものへんに寮のうかんむりなし)と起業したものの失敗。現在は建設作業員として働いていたが、闇金から200万円近い金を借りていた。ある日、宮永のアパートに消費者金融業者の佐久間康(ニシダ・コウキ/ラランド)が取り立てに現れる。

 宮永は隙をついてアパートから逃げ出すが、佐久間に追い詰められ、建設現場で暴行を受ける。そばに落ちていたレンチを手に取り、無我夢中で振り回す宮永。するとそれが佐久間の頭部に当たり、命を奪ってしまう。我に返った宮永は逃げだそうとするが、道に飛び出すと同時に車にはねられ…。

 宮永が目を覚ますと、そこは動画配信で活躍するマジシャン赤影(本多力)の家だった。宮永をはねてしまった赤影は、ケガの手当をするために彼を自宅に運び込んだのだ。赤影は100万円を差し出し謝罪する。とその時、テレビから建設現場で遺体が発見されたとのニュース速報が流れた。宮永が犯人だと気づき、逃げようとする赤影。その拍子に、赤影は足を滑らせてテーブルの角に頭をぶつけて死んでしまう。慌てた宮永は立ち去ろうとするも、そこに赤影への取材でやってきたミコ(篠原涼子)と森野(バカリズム)に遭遇。ミコたちに顔も見られてしまったため赤影になりすますことにした宮永は、死体を隠そうとするが…。

#萩原利久#篠原涼子#バカリズム

関連リンク

【写真あり】篠原涼子&バカリズムがバディ!『イップス』第8話場面写真が盛りだくさん
【写真】息ぴったり!ピースサインする篠原涼子&バカリズム
【写真】「仲良さそう!」篠原涼子の言葉に笑顔を見せたバカリズム
【写真】透明感あふれる花柄ワンピで約20年ぶり『JUNON』に登場した篠原涼子
【全身ショット】美脚がちらり…真っ白ワンピース姿の篠原涼子

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2330527/full/?anc=305

< >

Page Top