香取慎吾、イベント企画に困惑

NEWS2019年6月28日8:50 PM

映画『凪待ち』の初日舞台あいさつに出席した香取慎吾 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の香取慎吾が28日、都内で行われた主演映画『凪待ち』の初日舞台あいさつに出席。満員の劇場を眺めながら「初日からこんなに来ていただけて、幸せ者です」と感無量の様子で封切りを喜んだ。

【集合写真】白石組常連のリリー・フランキー&音尾琢真も登場

 本作は、新しい香取を描くべく『孤狼の血』や『彼女がその名を知らない鳥たち』などを手がけた白石監督と香取がタッグを組み、『クライマーズ・ハイ』『ふしぎな岬の物語』などの脚本家・加藤正人氏が「喪失と再生」をテーマに重厚な人間ドラマに昇華させた。香取が演じるのは、パートナーの女性とその娘と共に彼女の故郷、石巻市で再出発しようとする男・郁夫。平穏に見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう…。

 舞台あいさつにはそのほか、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー、白石和彌監督が出席。公開初日としては異例のクイズ企画が実施され、西田は自身が演じた役柄に関する“重要なシーン”を出題した。

 上映前のイベントとあって、リリーは「なんちゅうクイズを出してるんですか。なるべくなら(答えを)言わないほうがいいですよね」と、ネタバレ(?)気味の問題にタジタジとなり、香取も「いいんですかここ言っても?」と困惑した様子。思わずスタッフに確認を入れた香取は「犯人は(言ったら)ダメ? 当たり前じゃないですか!」とツッコんで、笑いを誘っていた。

 公開初日にも関わらず、クイズ企画が大半を占める内容となり、締めのあいさつで香取が「公開に向けていろんなところに行って、ずっと『凪待ち』テイストのままやってこられたのに、そうしたら初日にクイズが入ってきて…。そっちの方のスイッチを入れることになって、本当に申し訳ありません」と“謝罪”する異例の一幕も。

 それでも「僕が演じた役は、苦悩の中で逃げることばかりで、先が見えない間でも、周りの方々の、絆、優しさで少しずつでも光が見えてくる、そんな作品だと思います」と作品への思いを熱く語ると、客席からは拍手が沸き起こっていた。

関連リンク

【写真】香取作の壁画を前に、3人で久々の“青空ライブ”に感無量
【貴重写真】きわどい肌見せ? 香取慎吾、“金太郎”姿の赤ちゃん時代
【写真】似てる? 香取トランプ、あの俳優と2ショットで神対応
中居正広、香取慎吾とSMAP解散後初共演 隠し子疑惑イジる
香取慎吾、国内初個展は“常識破り”体感型アート「今からドキドキが止まらない!」

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2138705/full/?anc=013

 
 

関連タレント

気になるタレントを検索してみる

 

Page Top