『陰キャ鳥』?哀愁漂わす

エンタメNEWS2020年8月28日6:30 AM

大学で青春とか興味ねえから…!!シュールな『ワカルトリ』(C) Kenshiro Shibata / LINE

 古今東西、動物を擬人化したキャラクターが登場する漫画はたくさんあるが、キャラクターを擬人化ならぬ「擬鳥化」「擬キツネ化」した変わり種の漫画が人気を博している。その1作目は「擬鳥化」漫画で、タイトルはズバリ「ワカルトリ」。主人公のワカルトリは、屁理屈をこねる、ちょっぴりひねくれ者のおっさんみたいな大学生だが、外見はスズメそのもの!? さらにガールフレンドのオン子やミーハーな先輩など、キャラクターは全部鳥の姿にして登場する。

【ギャグ漫画】陰キャ、宗教勧誘に対抗⁉ 疲れが飛ぶ「ワカルトリ」マンガ

■作者自身の「ひねくれている部分や面倒くさがりの部分」を、主人公が表現

「擬鳥化」とはあまりに奇抜すぎる設定だが、これはいかにして生まれたのか? 作者の柴田賢志郎さんによると、「2年ほど前にTwitterで4コマ漫画を投稿しようと思ったとき、『何かキャッチーなデザインはないかなー?』と考えていました。机の偶々にスズメのフィギュアを置いていたので、『スズメ人間にしよう。鳥好きだし』となりました」

 本編では、ワカルトリが深夜のコンビニで立ち読みを諦めたり、新作カップラーメンの味チョイスで失敗するなど、「あるある感」満載の日常が描かれる。「”あるある”はそんなに多くないと思いますが……(笑)。内容については、多少誇張していますが、大体は僕の実体験です。主人公のワカルトリは、ほとんど僕です。僕のひねくれている部分や面倒くさがりの部分を、彼が代わって表現してくれています」。

 普段は何かと他人に悪態をついているワカルトリだが、ちょっと可愛い女子の前ではつい自分を取り繕ってしまう……鳥のような見た目とは裏腹に、実に人間味あふれるキャラクターが多くの共感を呼び、「絵が理屈抜きで可愛楽し。こんな不思議なキャラ考える漫画家さんの頭、どうなってるんだろー?」「ワカルトリの陰キャ具合が上手く描かれている」「この漫画作者コメ含めて全部好き」「なんか好き。クセになりそう」といった声が多数寄せられている。

 このような反響を受けて「うれしいです。基本自分のノリだけで描いているので。やっぱり『面白い』『好き』と言ってもらえるのもうれしいですが、『作者すごい』が一番うれしいです(笑)」と素直に喜びを表す柴田さん。その一方で、「主人公のワカルトリは登場人物たちの中で少し優位に立つキャラクターの予定でしたが、彼がかわいそうな目に遭ったときなどに『かわいい』というコメントがチラホラ見えて、『こいつ、いじめられて輝くキャラなんだ』と気づかされました」と読者コメントを読んだことで、新たな発見もあったようだ。

■自称「キツネ好き」の作者が、満を持してキツネを主題に執筆

 もう1本は、可愛い女の子の姿をした二匹の子狐が、師匠の「きび様」に弟子入りして一人前の「神狐」になるべく修行に励む『きび様といっしょ』。作者のみやまるんさんは、Twitterで本物の動物写真をリツイートしたり、自身を「キツネ好き」だと公言している漫画家だ。「自分でも、なぜこんなに狐や狸に惹かれるのかよくわからないんです。昔から日本人に馴染み深い動物なのに、犬や猫のように側にいるわけではない絶妙な距離感のせいで、どこか遠い故郷のような魅力を感じるのかもしれません」と語るみやまるんさん。今作でキツネを主題にした理由については、「元々狐や狸が好きで、それを擬人化したマンガを描きたいとずっと思っていたんです。お稲荷様について調べたりもしましたが、神狐や妖狐の尻尾の数などには諸説あったので、その辺はほとんどオリジナルのファンタジーにしてしまおうと思い、今の形になりました」と話している。

 また同作では、『日本昔ばなし』に出てくるような「化かし合い」が再現されており、民家を襲撃するなど激しいバトル描写もある。しかし、それを「明るい笑い」に転換しているあたり、作者の上手さを感じる。「やっぱりバトルになっても『化かし合い』であれば命の削り合いにならないので、シームレスに笑いに移行できるんですよね。そして何よりたれ女ちゃんがチビッコなのに異様に強いというギャップのお陰で、深刻にならず笑いにしやすいので助かっています」

 2作の漫画に共通しているのは、キャラクターの絵柄やストーリーが実にほのぼのしていて、読むと癒やされるファンタジー作品であること。新型コロナウイルスや熱中症など心配事が絶えない昨今だが、このような作品を読んでぜひ心を潤したいものだ。

関連リンク

【キツネ漫画】かめはめ波ならぬ”キツネ火”を発射、可愛すぎる修行風景とは?
【漫画】犬と猫、両方飼うと何が起きる?「犬のピュアっぷりと猫の極悪ぶりの対比」描くマンガ
【漫画】生物学・進化論の視点で描く「ヒトはなぜ浮気するのか」わかりやすく解説
【猫と子ども】保育園まで迎えに来てほしくて…“道を教える息子”と“真剣に聞く猫”が「どっちもかわいい」
【写真】深田恭子“白ねこ姿”公開 四つん這いも…美ボディ披露

カテゴリ

その他

記事URL

https://www.oricon.co.jp/special/55063/?anc=218

< >

Page Top