黒木華、パパドゥ独立しフリーへ

エンタメNEWS2024年3月29日2:00 PM

黒木華 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の黒木華(34)が3月31日をもって、約13年所属した事務所「パパドゥ」を独立しフリーとなって活動する。29日に同事務所を通じて発表した。

【写真】出演中『光る君へ』にて”扮装”姿を披露する黒木華


 発表では「黒木華が弊社との専属契約を満了し、2024年3月31日をもちまして円満に退社する事になりましたので、ご報告をさせていただきます」と報告。続けて「黒木華はこれまでの活動と経験をもとに、更なるステップアップを目指し挑戦することを決意しました。皆さまの変わらぬご声援と共に、更なるご指導とご鞭撻を頂けますよう、心よりお願い申し上げます」と伝えた。

 また黒木もコメントを寄せており「京都の大学生だった私にデビューから約13年の間、多くの経験と学びの場を与えてくださり、数々の素敵な作品に携わらせていただきましたこと、心から感謝しております」などと感謝を伝えている。

 黒木は、兵庫県出身。2010年、NODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』のヒロインオーディションに合格。その後、映画『東京オアシス』でスクリーンデビューを果たす。13年公開の映画『シャニダールの花』『舟を編む』で、『第87回キネマ旬報ベスト・テン』新人女優賞、『第35回ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞など数々の賞を受賞する。

 14年2月、ドイツで行われた『第64回ベルリン国際映画祭』にて映画『小さいおうち』で銀熊賞を受賞。日本人女優としては最年少の受賞となる。そのほかの主な出演作として、映画『母と暮せば』(15年)、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16年)、ドラマ『重版出来!』(16年)、映画『日日是好日』(18年)、ドラマ『凪のお暇』(19年)、映画『浅田家!』(20年)、ドラマ『イチケイのカラス』(21年)などがある。

(以下、発表コメント全文)
本日は、黒木華が弊社との専属契約を満了し、2024年3月31日をもちまして円満に退社する事になりましたので、ご報告をさせていただきます。

これまで温かい応援を賜りましたファンの皆さまや、
素晴らしい作品に出会う機会、ご支援を頂きました仕事関係の方々、皆さまのご厚情とお力添えで、黒木華は俳優としての活動に邁進することができました。
この場を借りまして、厚く厚く御礼申し上げます。

黒木華はこれまでの活動と経験をもとに、更なるステップアップを目指し挑戦することを決意しました。皆さまの変わらぬご声援と共に、更なるご指導とご鞭撻を頂けますよう、心よりお願い申し上げます。
2024年3月29日
株式会社パパドゥ
山田美千代
スタッフ一同

この度、私黒木華は、2024年3月31日をもちまして(株)パパドゥを退社し、独立いたしますことをご報告申し上げます。

京都の大学生だった私にデビューから約13年の間、多くの経験と学びの場を与えてくださり、数々の素敵な作品に携わらせていただきましたこと、心から感謝しております。
これからも変わらず日々精進して参りますので、今後とも応援していただけますと幸いです。
黒木 華

関連リンク

【写真】斎藤工、黒木華は「日本映画界の宝」 撮影ではキュン抑えるも「出ちゃった」
【写真】レトロな雰囲気!密着する安田章大&黒木華
【写真】黒木華、庵野秀明監督と初共演で怒るシーン撮影「すごくかわいくて…」
【写真】安藤サクラ&黒木華、劇中の“保育園時代”2ショットを再現「ナイスタイムリープ」
【写真】初体験!? 米倉涼子、黒木華に衝撃のキス

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320512/full/?anc=294

< >

Page Top