A.B.C-Zらの楽曲で手腕を振るう堂島孝平

NEWS2019年4月15日8:00 AM

大人の魅力を楽曲に上手く落とし込む堂島孝平

 4/8付オリコン週間シングルランキングで3位となったA.B.C-Z「Black Sugar」の作詞作曲を手がけた堂島孝平。ゴージャスでセクシーな雰囲気のダンスチューンは、“がっつり踊る”A.B.C-Zのパフォーマンスを際立たせるとともに、メインボーカル・橋本良亮の声質もしっかりと活かされている。これまでにもA.B.C-Z以外に、KinKi Kidsや山下智久、Sexy Zoneなど、ジャニーズのアーティストの作品を手がけているが、彼らの大人の魅力を楽曲に上手く落とし込んでいる。

【表】堂島孝平が手がけた主な作品

 1995年、シングル「俺はどこにいく」で18歳のときにメジャーデビューを果たした堂島は、普遍性と時代性を兼ね備えたポップ・アーティストとしての評価を得る一方で、2000年以降は楽曲提供、サウンドプロデューサーとしても活動している。KinKi Kids、飯塚雅弓、THE COLLECTORS、藤井フミヤ、ワルキューレ、Negicco、OKAMOTO’S、坂本真綾、南波志帆といったアーティストの楽曲に参加。アーティストのキャラクターと高い音楽性をバランスよく結びつけるセンスによって、ロックバンド、男性シンガー、アイドル、アニソンなど幅広いフィールドで活躍している。

 ソウル、ファンク、R&B、HIP HOP、ギターポップ、歌謡曲などのテイストを織り交ぜながら、アーティスト(シンガー)の個性を引き出しつつ、より広いリスナーに訴求できる楽曲をクリエイトしてきた堂島。そのセンスがもっとも発揮されているのが、KinKi Kidsの作品だ。2000 年の「Misty」(作詞作曲)を皮切りに「カナシミ ブルー」(作詞作曲)、「永遠のBLOODS」(作曲)、「Secret Code」(共同編曲)、「SPEAK LOW」(作詞作曲/編曲)など数多くの楽曲に参加。憂いを帯びたメロディーとダンサブルなサウンドを融合させることで、新たな音楽性を引き出している。特に2016年発表のアルバム『Nalbum』では6曲の制作にかかわるなど、共同プロデューサーとして手腕を振るい、“大人のKinKi Kids”を的確に表現している。

 KinKi Kids、A.B.C-Zのほか、山下智久、Sexy Zoneにも楽曲を提供している堂島は、ジャニーズのアーティストに欠かせないクリエイターと言えるだろう。

(文/森朋之)

関連リンク

【全身ショット】ダンディな衣装で登場したキンキ・堂本剛&光一
A.B.C-Z・橋本良亮、1ヶ月半で15キロ減量 “かっこよすぎ”な理由にメンバー驚愕
山下智久、サプライズバースデーに歓喜 菜々緒「生まれてきてくれてありがとう」
Sexy Zone中島健人、尊敬するMCは嵐の二宮和也「大好きな先輩」
A.B.C-Z河合&橋本、5秒間の“公開キス”「柔らかくてナマコみたい」

カテゴリ

音楽

記事URL

https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52844/?anc=022

 
 
 

Page Top