Adoが年間セールス新人1位

#平原綾香#100%#アーティスト#ランキング#シングル

エンタメNEWS2022年1月7日4:00 AM

「アーティスト別セールス部門」の「新人ランキング」でAdoが1位に

 2021年度年間音楽ソフトのセールス動向をまとめた『第54回 オリコン年間ランキング2021』。本日7日、音楽ソフトの総売上金額がもっとも高かった新人アーティストを集計した「アーティスト別セールス部門」の「新人ランキング」が発表され、期間内売上16.4億円を記録したAdoが、上半期に続き1位を獲得した。ソロアーティストでは、2004年度の平原綾香以来17年ぶりの受賞となった。

【写真】Adoが首位を獲得したトータルセールス新人 なにわ男子、BE:FIRSTら男性グループも

 1位獲得についてAdoは「正直なことを言うと私はいったい何を獲得したのか、と思うくらい本当に規模感が大きすぎてつかめなくて、実感がありません。でもうれしいです。ありがとうございます」とコメント。「普通に生きていたら起こりもしないようなことが、「うっせぇわ」のおかげで起こりました。私にとって「うっせぇわ」は私の人生を変えてくれた作品です」と、同作についての思いを明かしている。

 もっとも牽引した作品は、メジャーデビュー曲「うっせぇわ」。本作は、「週間デジタルシングル(単曲)ランキング」で、2021年2/8付から2/22付までの3週連続1位を含む、通算4週で1位を獲得。その後もロングヒットを続け、初のTOP100入りとなった11/9付から12/20付現在まで、59週連続TOP100入りを記録した。「オリコン年間ランキング2021 作品別売上数部門」の「デジタルシングル(単曲)ランキング」においては、期間内DL数35.8万DL(358,197DL)で、2位にランクインしている。

 さらに「週間ストリーミングランキング」でも、2/8付で初の1位を獲得したのをはじめ、3/1付から4/5付まで6週連続の1位も記録。7/5付では、LiSAに続き、女性ソロアーティスト史上2組目となる累積再生数2億回を突破した。

 「うっせぇわ」後も精力的に新曲を発表しており、2月に配信開始の「ギラギラ」、4月に配信開始の「踊」(おど)は、それぞれ10/4付、8/30付でストリーミングランキング累積再生数1億回を突破。そのほか、6月にはボカロプロデューサー・bizが手掛けた「夜のピエロ」、8月には映画『かぐや様は告らせたいファイナル』挿入歌の「会いたくて」、10月にはTVドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)主題歌の「阿修羅ちゃん」を次々に配信開始し、話題となった。

 なお、デジタルシングル(単曲)、ストリーミングの売上金額のみで、アーティスト別セールス部門新人ランキング1位となっており、CD作品未発売のアーティストが同ランキング1位を獲得するのは、史上初となる。

 そのほか「アーティスト別セールス部門新人ランキング」では、7人組男性グループENHYPENが、期間内売上14.8億円で、2位にランクイン。日本1stシングルとなる「BORDER : 儚い(Given-Taken [Japanese Ver.])」のほか、アルバム2作品をリリースしており、3作品すべてが週間音楽ランキングで1位を獲得した。続いて、期間内売上12.1億円で、なにわ男子が3位に。11月12日に発売されたデビューシングル「初心LOVE(うぶらぶ)」の売上のみでランクインした。

■集計期間
2020年12/28付~2021年12/20付
■実質集計期間
2020年12/14~2021年12/12

#セールス#ランキング#平原綾香#LISA#Love

関連リンク

【動画】Adoから喜びのメッセージが到着! 年間セールス新人1位
【写真】BTSが首位を獲得したトータルセールス 5位までをボーイズグループが占める
【年間ランキング】シングル1位はジャニーズ? 坂道? それとも…年間シングルランキング
【年間ランキング】BTSが首位獲得の年間アルバムランキング 2位はあの人気ボーイズグループ
【年間ランキング】1位は嵐、2位は…?音楽DVD・BDランキングTOP10を発表!

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2220262/full/?anc=166

< >

Page Top