HKT48指原卒業後初ツアーで卒業式

NEWS2019年7月21日11:15 PM

HKT48九州7県ツアー初日オープニングは“あの支配人からの”卒業セレモニー(C)AKS

 アイドルグループ・HKT48が21日、劇場支配人でもあった指原莉乃が4月に卒業後初となるライブツアー『HKT48九州7県ツアー~あの支配人からの、卒業。~』(9ヶ所、計3万人動員予定)を地元の福岡サンパレス ホテル&ホール公演からスタートさせ、昼夜2公演で4600人を動員した。

【ライブ写真】田中美久、松岡はなら“寸劇戦隊”指レンジャー登場

 新生HKT48は指原卒業後初のツアーとして、4年半ぶりとなる九州7県ツアーで“原点回帰”。オープニングでは、4月28日に横浜スタジアムでグループを卒業した指原の写真が掲げられたステージに全メンバー53人(田島芽瑠、月足天音は体調不良のため休演)が登場し、各メンバーが送辞を読み上げる異例の演出でスタートした。

 さまざまなエピソードで指原支配人との歩みを振り返ったが、怒られた苦い思い出の連発で笑いを誘うと、チームHキャプテン・松岡菜摘の呼びかけで観客とともに「私たちは、あの支配人から卒業します!」と宣言。そして流れてきたのは、ツアータイトルの伏線どおりの尾崎豊「卒業」。予想外の1曲目にどよめきが起こるなか、制服姿のメンバーがしっとりと歌い上げ、恒例の「overture」に突入した。

 卒業式仕様のセットから一転、「桜、みんなで 食べた」「ぶっ倒れるまで」などアップテンポなナンバーでたたみかけ、ユニットコーナーでは研究生によるフレッシュなパフォーマンスや田中美久「火山灰」(昼公演)や豊永阿紀「涙の表面張力」(夜公演)といったソロ歌唱などでも魅了した。

 HKT48ライブ恒例の寸劇では、村重杏奈率いる悪の軍団の魔の手からHKT48を守る、“指”のかぶりものをした「寸劇戦隊・指レンジャー」が活躍するゆる~い戦いで沸かせた。配役を決めるメンバーオーディョンも行われ、今後の寸劇に期待をもたせていた。

 夜公演の本編ラストの「誰より手を振ろう」では、卒業間近の植木南央をメンバーが取り囲んでのパフォーマンスに。“なおちゃん”コールが沸き起こり、植木は「メンバーもファンの皆さんも大きなコールありがとうございました」と涙声であいさつした。

 昼公演のアンコールでは田中美久が「不安がすごいあって…」と、指原のいないツアー初日を迎えるにあたって葛藤があったことを吐露。「これからHKTとしてもつらいこととかいっぱいあると思うんですけど、このHKTのメンバーがいたら、HKTでよかったなって、HKT…」と“HKT”連呼のあいさつとなり、メンバーも笑ったり泣いたりしながら見守った。夜公演では松岡はなが「本当に不安だったんですけど、本当に! 本当に! 本当に! 楽しかったでーす!」と絶叫し、トレードマークの笑顔を弾けさせていた。

■『HKT48九州7県ツアー ~あの支配人からの、卒業。~』日程
7月21日(日):福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール(2公演)※終了
8月4日(日):福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホール(2公演)
8月18日(日):福岡・大牟田文化会館(2公演)
8月31日(土):鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第1ホール(2公演)
9月1日(日):宮崎・宮崎市民文化ホール 大ホール
9月11日(水):大分・iichikoグランシアタ
9月28日(土):長崎・長崎ブリックホール 大ホール
10月12日(土):熊本・熊本県立劇場・演劇ホール
10月22日(火・祝):佐賀・佐賀市文化会館 大ホール

関連リンク

【試聴】HKT48の主な配信楽曲
【写真一覧】松本人志登場にどよめき まゆゆも駆けつけた…指原卒コンフォト
【写真】9年前…指原莉乃、伝説の“スク水”
【写真】指原が限界挑戦!布1枚をまといなめらかくびれを披露
【写真】美尻&ボディラインあらわに色気を見せつける指原莉乃

カテゴリ

音楽

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2140649/full/?anc=015

 
 

気になるタレントを検索してみる

 

Page Top