IU、12年ぶり日本公演に感激

#YOKO#アリーナ#SAKURA

エンタメNEWS2024年3月25日3:40 PM

何度も客席にマイクを向けてファンのコールを聴き入るIU Photo by Aaru Takahashi

 韓国を代表する歌姫で俳優としても活躍するIUが23・24日の両日、横浜アリーナで12年ぶりとなる日本公演『2024 IU H.E.R. WORLD TOUR CONCERT IN YOKOHAMA』を開催した。

【ライブ写真】さまざまな衣装やLE SSERAFIM・SAKURAからもらったニット帽も披露

 3月2日に韓国・ソウルでスタートさせたワールドツアーの日本公演は、韓国で2月20日にリリースした6thミニアルバム『The Winning』のタイトル曲「Holssi」からスタート。生バンドを従え、IUの透き通った癒しの歌声が響き渡ると、UAENA(ユエナ=IUファン)は一丸となっての応援法で盛り上げ、会場の熱気を一気に上昇させた。

 2012年3月に日本メジャーデビューを果たしたものの、久々の日本公演となったIUは「本当にお久しぶりですね。待たせてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。すごく会いたかったです」と流ちょうな日本語であいさつ。多くの日本語を交えてトークし、IUも日本のファンも感激しきりだった。

 ライブ前半の「Celebrity」「Blueming」では、会えなかった日々を埋めるように、大合唱や大きな応援法で大盛り上がり。「Hold My Hand」での鳥肌モノのロングトーンでも沸き上がった。

 中盤では「strawberry moon」をアコースティックバージョンで披露。深い森のCG映像を背に、椅子に腰掛けて歌ったバラード「Through the Night」ではファンの合唱が起こる中、想いを込めて語りかけるように歌い、会場が深い感動に包まれた。

 さらに、日本語バージョンが日本2ndシングルとなった「You & I」のイントロが流れると、この日一番の大歓声。ハイトーンボイスを響き渡らせたIUは、指で時計の針を作るポイントダンス「時計ダンス」も披露し、大歓声を浴びた。

 本編ラストでは、新ミニアルバム収録曲「Love wins all」をしっとりと歌唱。アンコールでは、アルバム収録曲「Shh..」と「Twenty-three」を披露すると、鳴り止まぬ拍手にダブルアンコールに突入。圧巻の歌唱力と旺盛なサービス精神でファンを熱狂させた。

 ワールドツアーの後半となる7月6・7日には大阪・Asueアリーナ大阪(大阪市中央体育館)公演が行われる。

#YOKO#アリーナ#SAKURA

関連リンク

“韓国の歌姫”IU、横浜&大阪でアリーナ4days決定 ワールドツアー日本公演
【2012年】韓国“国民の妹”IU、3月21日に日本デビュー決定
【2011年】韓国の“国民の妹”IU、来春日本デビュー決定
【写真】IUがワールドツアー日程を発表
K‐POPクイーン“IU”ことイ・ジウン、是枝裕和監督最新作で本格女優デビュー

カテゴリ

音楽

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319629/full/?anc=015

< >

Page Top