JO1豆原、仮面ライダーで初主演

#橋本祥平#Birth#仮面ライダー#TTFC#井本彩花

エンタメNEWS2022年6月21日5:00 PM

TTFCで配信される『Birth of Chimera』に主演するJO1の豆原一成(C)東映特撮ファンクラブ (C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信中の『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』(全5話)に続く、TTFCオリジナル『仮面ライダーリバイス』スピンオフ配信ドラマ第2弾『Birth of Chimera』のキャストが21日、解禁となった。

【写真】父役は“ミスター平成仮面ライダー”高岩成二

 7月22日から公開される映画『劇場版 仮面ライダーリバイス』へとつながるストーリーとなる。劇場公開日と同じ、7月22日からTTFCで配信される。映画を観る前、映画を観た後のどちらでも楽しめる内容となっている。監督は『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』に続き、坂本浩一氏がメガホンを取る。

 主人公、大谷希望(のぞむ)を演じるのは、劇場版でも同役を演じる11人ボーイズグループ・JO1の豆原一成。本作『Birth of Chimera』が初主演となる。劇場版『仮面ライダーリバイス』では五十嵐元太・幸実夫妻と同じ飛行機に乗り合わせ、突如発生したハイジャック事件から囚われた乗客を救うために、五十嵐元太・幸実夫妻とともに勇敢に立ち向かうことが発表されている希望だが、その行動を支える信念が、このスピンオフ配信ドラマで描かれる。

 また、タイトルにもある『Chimera』の名が付いた仮面ライダーキマイラに変身する青年、向井リュウを演じるのは俳優の橋本祥平。19日に劇場版への出演が発表されたケイン・コスギも、ギフと契約した男、アヅマ役で本作にも出演。『Birth of Chimera』にて、初めて仮面ライダーダイモンへと変身し、劇場版同様、圧倒的な存在感で主人公、大谷希望と対峙する。なぜ仮面ライダーダイモンへと変身を遂げることになったのか、その秘密も明かされる。

 そのほか、小川輝晃、広瀬仁美、高岩成二、高岩芯泰も出演。テレビシリーズから引き続き、前田拳太郎、日向亘、井本彩花、濱尾ノリタカ、小松準弥、映美くらら、そして戸次重幸といったメンバーも登場する。スピンオフ配信ドラマ『Birth of Chimera』はTTFCで7月22日から配信開始。26日には予告編を解禁予定となる。

■豆原一成コメント
 スピンオフ配信ドラマ「Birth of Chimera」に出演が決まった時は本当にうれしかったです! 僕は東映特撮ファンクラブに入っているので自分がそこで配信されるのかと思うとワクワクしましたし、より気合を入れて頑張ろうと思いました。さらに父親役が高岩成二さんということで一緒にお芝居ができることすごく光栄に思いましたし、撮影合間でもお話ができてうれしかったです! 難しいシーンがたくさんあったんですけど、この撮影現場で学ぶこともありました、自分としても希望としても成長できた時間だったと思います! そして大谷希望の家族への愛だったり、正義感というところをこの作品から感じてもらえたらうれしいなと思います! 『Birth of Chimera』楽しみにしていてください!

#井本彩花#映美くらら#戸次重幸#橋本祥平#仮面ライダー

関連リンク

【動画】『仮面ライダーベイル』予告編 津田健次郎が怪しくささやく
【写真】戸次重幸が演じる五十嵐元太が変身した仮面ライダーベイル
【写真】今年のバイクはチャリ? 自転車で爆走する一輝
【写真】「ラブラブ~」たまには「クズ~」なさくらの悪魔・ラブコフ
【写真】日向亘が1人2役 怪しい顔を見せるカゲロウと元気な大二

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2239451/full/?anc=181

< >

Page Top