Sexy Zone、10年の歴史をおさらい

#中島健#Zone#おさらい#グループ#Sexy

エンタメNEWS2021年11月16日8:00 AM

きょう10周年を迎えるSexy Zone

 2021年11月16日、CDデビュー10周年を迎えるSexy Zone。10年前、突如集められ、「グループ」という人生をともに歩んでいくこととなった彼ら。「エリート」と称えらえた華々しいデビューの一方、若い背中で背負うにはきっと重かっただろうプレッシャーと不安。10年の月日もまた、決して平坦ではなかった。それでも1日、1ヶ月、1年と絆を深め、一つ二つと重ね合わせてきた5人の少年の夢。前編では、Sexy Zoneの軌跡を振り返る。

【写真】3年前!24時間テレビ終了後…肩を組み充実の表情を見せるSexy Zone

■突然現れた“王子様” サプライズではじまった5人の1ページ目

 「その日」は突然訪れた。2011年9月29日、帝国劇場にて行われた新グループ結成とデビュー発表。王子様風の衣装を身にまとい登場したのは、中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、松島聡、マリウス葉の5人。グループ名は「Sexy Zone」――「マイケル・ジャクソンのようなセクシーさを持つグループに」という意味を込めたものだ。

 会見後まもなく『帝劇 Johnnys Imperial Theatre Special「Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.」』にて初披露したデビュー曲「Sexy Zone」。ジャニー喜多川氏のアイデアで、急きょパフォーマンスに薔薇が取り入れられた。曲中に佐藤が囁(ささや)くセリフ「sexy rose」と相まって、薔薇はSexy Zoneを象徴するものとなる。

 同曲は『ワールドカップバレーボール2011』のイメージソングに起用され、メンバーは同大会スペシャルサポーターに就任。V6、嵐、NEWSに続く、いわゆる「バレーボールデビュー組」である。とあればメンバー選出のサプライズにも合点がいくが、実際のところ、すぐには受け入れることができないファンも少なくなかった。

 当時「ふまけん」コンビとして圧倒的な人気を誇っていた中島と菊池。ドラマ出演も果たしているほか、Jr.内ユニット「B.I.Shadow」のメンバーとして、のちに「NYC boys」の一員として、CDシングルにも参加している。

 一方、年少組の佐藤、松島、マリウスは新星だった。キラリと光るものを持っているのは誰の目にも明らかで、バックダンサーとしての立ち位置も少しずつ前進し、トークを振られる機会も増えてきたころ。まさに「これから」という段階で、ジャニーズJr.としてのステップを一気に飛び越え、迎えたデビュー。熱心なファンもまだまだ多いとはいえない状況。彼ら自身も不安を抱えていただろうことは想像に難くない。

 とはいえ、ジャニーズ事務所に入ったならば誰もが掴みたい「デビュー」。佐藤以外の4人は自ら志願しての入所であるから、まさに掴み取った形だ。「結成発表から1ヶ月半でのCDデビュー」という驚異の記録は、ジャニーズ史上いまだ破られていない。

■順風満帆ではないけど確実に踏んだステップ 10周年経てさらなる高みへ

 2012年も驚きのスピードで過ぎていく。2月には初の単独コンサート『Sexy Zone First Concert 2012』を開催、4月には冠ラジオ番組『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)がスタートした。今も続く同番組では、ときに“Sexy Zoneらしい”不可思議な世界を展開。5人の個性を遺憾なく発揮している。

 デビュー1周年間際の11月14日には、早くも1stアルバム『one Sexy Zone』をリリース。まだ幼さの残る、日々変わりゆく少年期の歌声を収めた貴重な作品だ。それでいて、ブラックテイストなダンスチューンから壮大なスローナンバー、ポップなアイドルソングまで幅広く表現し、可能性を見せつけた。本作は、平均年齢「15.4歳」でオリコンチャート首位を獲得。これは男性グループ史上最年少記録である。2013年末には『NHK紅白歌合戦』に初出場。白組トップバッターとしてシングル曲をメドレーで披露した。なお同番組にはこれまで6度の出場を果たしている。

 2014年、ファンが今なお再開を熱望してやまない初の冠番組『Sexy Zone CHANNEL』(フジテレビTWO)がスタート。ときには年長2人の暴走もありつつ、ダブルダッチ挑戦やキャニオニング企画では5人の絆も感じられた。王子さま然としたキラキラアイドルの素顔は、負けず嫌いで意外と不器用、箸が転んでも可笑しい年ごろ。さまざまな企画を通して彼らの素の魅力と、確かに「グループ」になりつつある過程を垣間見ることができた。

 当時は3人でのリリースも続いたが、2015年12月リリースの10thシングル「カラフル Eyes」にて5人での活動を再開した。同曲リリース記念イベント冒頭で、5人のシルエットが映し出された瞬間、割れんばかりの歓声が会場中を包んだ。

 2016年『Sexy Zone 5th Anniversary Best』を発売すると、翌年にアニバーサリーツアー『Sexy Zone Presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE』を開催。新旧交えた人気ナンバーを披露したほか、初めて5人全員がソロコーナーを持った。

 何よりファンを喜ばせたのは、当時の王子様衣装で披露したデビュー曲「Sexy Zone」。成長した見た目とパフォーマンス、変わらぬ圧倒的な華やかさと煌めきを見せつけた、感慨深い演出だった。5年分の感謝を込め、多くのファンを幸せにしたSexy Zoneだが、本ツアー最終日には彼らにもサプライズが用意されていた。アンコールでステージに登場した5人の目に飛びこんできたのは、客席全体を埋め尽くす赤い薔薇。これは入場時、開催側がファンに配り、サプライズを呼び掛けたもの。ファンも「そのとき」が来るまでメンバーに決して悟られないよう、薔薇を隠し通した。5周年のお祝いの締めくくりは、Sexy Zoneに関わるすべての人たちの大きな愛によって大成功を収めた。

 『24時間テレビ41 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務めた2018年。11月、松島が体調不良により活動を一時休止することが発表された。この当時の思いについて、4人はのちに『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)で語っている。松島に「幸せでいてほしい」とだけ願っていたメンバーの思いは、現在活動を休止しているマリウスについても同じくだろう。

 2020年、世界進出を本格的に視野に入れ、「Top J Records」にレーベルを移すと、移籍第1弾シングル「RUN」は初週20万枚以上を売り上げ、好調なスタートを切った。8月には、松島が少しずつ仕事に復帰。9月の『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)では、5人そろってのパフォーマンスを披露した。

 2021年、10周年記念アルバム『SZ10TH』をリリース。10年目を迎えてなお変化と進化を求める彼らは、オンラインファンミーティング開催やアプリのリリースなど新たな試みにも前向きで、夢のステージに立つその日まで、時代を創るその日まで、彼らはまだまだ走り続ける。

(文/新 亜希子)

#おさらい#Sexy#中島健#Zone#グループ

関連リンク

【写真】おちゃめ!王冠をぶつけてしまう中島健人
【写真】カメラを片手にイチャイチャ!Sexy Zoneの『ちゃお』グラビア
【写真】渋谷で撮り下ろし!“誰もみたことがない”Sexy Zone
【写真】彼がニットに着替えたら…冬服に身を包んだSexy Zone
【写真】色気爆発!Sexy Zone中島健人、王子様脱ぎ捨て官能ストーリー熱演

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/special/57720/?anc=096

< >

Page Top