「好きでも嫌いなあまのじゃく」心が行けと告げるから。

#日高のり子#浅沼晋太郎#小野賢章#富田美憂#京田尚子

公演・公開情報2024年5月23日3:25 PM

心が行けと告げるから。

◆あらすじ

高校1年生の柊(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。
毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。
季節外れの雪が降ったある夏のこと。
いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。
「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。
とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。
言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。
ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。
一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?
ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。
そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。
柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。
しかし、時を同じくして、ツムギの故郷・鬼が暮らす“隠の郷(なばりのさと)”でも事件が起きていて――。

◆監督

柴山智隆

◆脚本

柿原優子 柴山智隆

◆出演

小野賢章 富田美憂 浅沼晋太郎 山根綺
塩田朋子 斎藤志郎 田中美央 ゆきのさつき
佐々木省三 日高のり子 三上哲 京田尚子

◆日時

2024年5月24日(金)
全国ロードショー

映画の詳細は公式サイトにてご確認ください。
公式サイト:https://www.amanojaku-movie.com/

Page Top