ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

タレメreport2016年3月22日1:55 PM

毎年必ずなにかしらのCMが話題になります。出演者の可愛さであったり、企画の面白さであったりとその要因は様々。企業の顔となるCMキャラクターは、有名女優・俳優でなくても、やはり実績と人気、また将来性のある(見込める)人が選ばれる事が多いです。

今回は、そんなCMきっかけでブレイクした女優や俳優さんをピックアップしてみます。

圧倒的なオーラとインパクト!『ゼクシィ』のCMガール

昨年ブレイクした広瀬すずさん。今年もドラマに映画にCMにと引っ張りだこです。そんな広瀬さんがブレイクしたきっかけのCMといえば、結婚情報誌『ゼクシィ』でしょう。

広瀬さんは当時まだ15歳という若さでしたが、あえて若い女優さんを起用する事で、“結婚への期待感を若いうちから持ってほしい”という取り組みだそうです。結婚は終わりではなく始まり。そして彼女たちのブレイクもこれから。とても縁起が良い取り組みと言えるのではないでしょうか。

初代は2001年のモデル加賀美セイラさん。「ぱぱぱーん」という可愛い歌声で一気にCMクイーンとなりました。ちなみに当時14歳。昔から年少のモデルさんを起用されていたようです。

そして2004年には、二代目の加藤ローサさん(当時19歳)。デビュー前に「ハウステンボス華の花嫁グランプリ」に選ばれており、その透明感からドラマにバラエティにと一躍スターダムに。現在はご結婚されて育児中心の生活のようですが、時々モデル復帰されている姿もまた幸せそうで、まさにゼクシィの顔と言えます。

他にも朝ドラ女優の倉科カナさんなども。そして、2015年~2016年現在の顔は新木優子さん(22歳)。2014年からはファミレス・ガストのCMも担当されています。年齢的にもちょうど良く、彼女の持つ透明感とピュアさで、今後引っ張りだこになる予感がプンプンです。

冬の顔は、翌年絶対的ヒット!『JR SKISKI』

ゼクシィと並び、「絶対ヒット」といわれるCMが、交通機関にばんばんポスターが貼られ、CMもがんがん流れる『JR SKISKI』のイメージガールです。キャッチコピーも音楽も共演者までもが話題となるキラーCMですが、当然一番注目されるのはヒロインです。

なんとこちらも2014~2015年の顔は広瀬すずさん。二大CM制覇なのです。数々の映画やドラマで主演を演じる村上虹郎さんのカワイイ系男子と、特撮ファンには『ウルトラマンビクトリー』として知名度も高い宇治清高さん演じる背の高いイケメン。二人の男性に心動かされ、揺れ動く乙女心にキュンキュンでした。

デビューから大躍進!才能を受け継いだサラブレッド!村上虹郎の魅力とは?

『答えは雪に聞け。』というキャッチも印象的で素敵なフレーズです。CM自体は1991年から放送。1995年までボーカル&ダンスユニットZOOが担当されていました。現在の形に近くなったのは、1998~1999年に吉川ひなのさんが起用されたCMではないでしょうか?『愛に雪、恋を白』というコピーも非常に印象的でした。

実はこのCMのあとは、2006~2007年に木村カエラさんとキャラクターのCMがあるのみで、特に「恋」をテーマにしたものはありません。現在のように「若手女優のブレイク」に繋がったのはやはり、2012~2013年の本田翼さん×窪田正孝さんの『青春は、純白だ』からでしょう。

本田さんは、当時のモデルさんとしては珍しいボーイッシュな印象でじわじわと人気が高まっていたタイミング。窪田さんは朝ドラでブレイクする前でしたが、ドラマ『大奥 ~誕生~』や映画『ガチバン』シリーズで、その安定した演技には定評がありました。

ここからシリーズ化し恒例となった『JR SKISKI』。2013~2014年に川口春奈さん×メンズノンノのモデル柳俊太郎さん。意識していなかった男子に急に恋に落ちてしまう強気な女の子。『全部雪のせいだ』のキャッチコピーがツンデレでなかなか良かったです。

今年は初のWヒロインでキャッチは『そこに雪はあるか。』。女優・平愛梨さんの妹さんで、映画『奇跡』のヒロインにてデビューを飾った平祐奈さんが、少し大人っぽい女の子を演じています。地方の美少女写真誌で話題となり、ニコラモデルや子役として活躍していた山本舞香さんとはライバル関係。一人の男の子を取り合いますが、結局他の女の子に奪われてしまう、「それも青春!」と言った感じの可愛いCMになっています。

本田さん以降のCMは、大きなポスターにインパクトのあるキャッチコピー、そして誰もが目を奪われる美少女のアップと、もう毎年気になる楽しみなCMなのです。

JRの冬CMはどれも秀作。過去には『JR東海シンデレラエクスプレス』でも美少女が話題になりました。出演された牧瀬里穂さんは、当時右に出る者がいないほどの人気でしたし、横山めぐみさん、深津絵里さんなど、現在大活躍中の女優さんも、このCMからブレイクしました。

リハウス&クレアラシル&カルピスウォーター、そしてきれいなおねえさん!

宮沢りえさんの、「リハウスしてきた白鳥麗子です」が大きなインパクトを残したリハウスガール。坂井真紀さん、一色紗英さん、池脇千鶴さん、蒼井優さん、夏帆さんなど、そうそうたるメンツが出演されています。さらには前述の『JR SKISKI』にも起用されている川口春奈さん、山本舞香さんも。お嬢様的な「正統派美少女」のイメージです。

一方、元気美少女のイメージが強いクレアラシルのCM。広末涼子さんのフレッシュな可愛さがこのCMで話題となりました。実は広末さんは初代「ぴぱぴかフェイス」のグランプリ。このCM後にNTTドコモのCMにも起用され、そちらも話題になりました。広末さん以前は、内田有紀さん、松嶋菜々子さん、麻生久美子さんなど、のちに大女優となるそうそうたるメンツ・・・。そして広末さん以後も、ほしのあきさん、上野樹里さんなど一時代を作った女優さんが起用されています。

そして、若くてみずみずしい恋のCMといえば『カルピスウォーター』。数々の有名女優さんが出演されていましたが、現在の「恋」「キュン」系と言えば、2005年~の長澤まさみさん出演CMからでしょう。長澤さんに好意を寄せる男性が、長澤さんの心が自分にないと知ってがっかりしてしまう甘酸っぱい内容。妹の甘酸っぱい恋にちょっかいを出したり、嘘をついて好きな先輩と海で二人っきりになったり、実力派俳優池松壮亮さん演じる年下の男の子に飲みかけのカルピスを渡したりと、なかなかの魔性っぷりが話題となりました。

2009年~2011年の川島海荷さんは、中村蒼さんや一井直樹さん演じる男の子への片想いの“キュン”が可愛く、邪魔するはんにゃの金田さんとの掛け合いも魅力的でした。続く能年玲奈さんも、『あまちゃん』前から起用され話題となりました。

そして、現在赤丸急上昇中の黒島結菜さんが12代目カルピスガールに。あどけなさの残る吸い込まれるような瞳にくぎ付けになったのは、鈴木宗太郎さん演じる少年だけではなく、視聴者すべてかもしれません。

美しい大人の女性を起用するCMシリーズと言えば、パナソニックの美容家電「きれいなお姉さん」シリーズでしょう。初代は水野真紀さん、二代目は松嶋菜々子さん、そして片瀬那奈さん、中谷美紀さん、仲間由紀恵さん。そして「パナソニックビューティー」と名を変え、現在は水原希子さんが務めています。

単発でも印象的なCM!

松嶋菜々子さんの日産自動車のCM。車の後部座席から「お・ま・た」といいながら美脚を披露した事でも大きな話題となりました。その後は前述のパナソニック「きれいなお姉さん」シリーズで“きれいなお姉さん”二代目に。最近のヒットといえば、岡山美少女図鑑のモデル桜井日奈子さん。デビュー間もないのですが、「いい部屋ネット」の可愛いダンスや「白猫プロジェクト」のしなやかな脚やあどけない笑顔がたまらないと世間の話題を独占しています。

今年注目を集め話題となっているCMの美女たちの今後、とても楽しみですね。

文/藤原ゆうこ

 

気になるタレントを検索してみる

 

関連記事

タレメreport一覧へ

 

Page Top