フレッシュな顔ぶれが多数、女優によるアイドルグループ結成!? 7月ドラマで注目の若手女優をチェック!

タレメreport2019年7月29日1:21 PM

7月スタートのドラマも初回放送が出揃いました。

今クールでも旬の俳優が並びますが、ここでは注目の若手女優、これからのブレイクが期待されるキラッと光る女優を主に紹介していきたいと思います。

■天真爛漫で一生懸命 飯豊まりえさんのヒロイン役が好評

 

このクールのドラマの若手女優で特に注目といえるのは『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)でヒロイン・中園景役を演じる飯豊まりえさん。大森南朋さん演じる主人公・柚木が務める「日本法医学研究院」の新人解剖医で、柚木に虐げられながらも、くじけず食らいついていく、打たれ強く天真爛漫な女性で、大森さんと二人のコミカルなやりとりが評判になっています。

 

飯豊さんは、最近ではドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)や『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)に出演するなど、この欄で紹介するまでもない売れっ子女優ですが、改めて簡単にその経歴を見てみると、小学生だった2008年『avex kids × ニコ☆プチ 公開モデルオーディション』でグランプリになり、ニコ☆プチでモデルデビュー。

その後ニコラ、Seventeenといった各世代の人気雑誌の専属モデルを務めてきたのと同時に、2012年にドラマ『世にも奇妙な物語』で女優デビュー。その後ドラマ『マジで航海してます。』(MBS/TBS系)、映画『きょうのキラ君』『暗黒女子』など多くの作品に出演しています。

 

ここからはネクストブレイク候補となりそうな女優を挙げていくと……。まず杏さんが、“既婚者”と嘘をついたことから始まる、ユニークな恋愛を演じている『偽装不倫』(日本テレビ系)で、相手役の丈(宮沢氷魚)の姉・灯里(MEGUMI)が経営するスペイン料理店のアルバイト・高野恵梨香役で出演している夏子さん。メインの二人が訪れる店の中で、恵梨香は初々しい存在感を見せています。

 

夏子さんはモデルとして活躍する一方、今年2月から放送されたドラマ『盤上のアルファ ~約束の将棋~』(BSプレミアム)で主人公・秋葉(玉木宏)の後輩の新聞記者役で出演したり、舞台『BACKBEAT(バックビート)』でヒロイン役で出演するなど、女優としての躍進が期待される22歳です。

 

上野樹里さんの13年ぶりの月9主演で注目の『監察医 朝顔』(フジテレビ系)。上野さんのほか、相手役に風間俊介さん、父親役に時任三郎さんなど芸達者の共演者が目立つことでも話題です。そんななか、風間さん演じる桑原と同僚の強行犯係の刑事 ・愛川江梨花役 を演じる坂ノ上茜さん。男ばかりの職場で紅一点の存在ながら、臆することなくズケズケとものが言える、男勝りなところがある刑事役で、画面の中でつい目がとまります。

 

坂ノ上さんは2009年、『アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン』で入賞し芸能界入り。2015年、『ウルトラマンX』で本格的に女優デビューしています。最近ではドラマ&映画『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-』で、ヤクザが性転換し女性アイドルになるという複雑な設定の役柄を器用に演じて評判になりました。

 

三浦春馬さん主演の『TWO WEEKS』(カンテレ/フジテレビ系)で第1話の冒頭から登場した、ホステス・愛役の立花恵理さん。愛は、芳根京子さん演じる検事・月島楓の捜査協力者であり、物語のカギを握る女性。三浦さん演じる結城大地に殺されたということになっていますが、その真相は果たしてどうなのか、今後の物語の進展に注目です。立花さんは2013年、雑誌『ViVi』30周年記念の専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、同誌専属モデルとして活躍する一方、ショーや広告などで活躍してきました。

 

この作品では、主人公・結城(三浦春馬)の娘・はな役を演じる、子役の稲垣来泉さんの、愛らしく達者な演技も好評です。これまで『トレース~科捜研の男~ 』や『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(ともにフジテレビ系)にゲスト出演するなど人気子役の一人です。

 

■『凪のお暇』『ボイス』『ノーサイドゲーム』…など人気ドラマの気になるあの娘

 

黒木華さんのボンバーヘアがインパクトのある『凪のお暇』(TBS系)では、黒木さん演じる主人公・大島凪が勤めていた会社の社員・市川円役で唐田えりかさんが出演。円は仕事の成績がよく、頭の回転もはやく、美人で気が利いて非の打ち所がない女性という役柄です。

 

唐田さんは2015年の女優デビューと同時期にソニー損保のCMにメイン出演。その透明感のあるキャラクターで話題になり、これまでドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)や映画『覚悟はいいかそこの女子。』などに出演し女優として活躍するほか、雑誌『MORE』の専属モデルも務めています。最近ではドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK)で高橋克実さん演じる主人公の娘役で、デジタルトラブルに巻き込まれていく女子大生を体当たりで演じ、好評を得ました。

 

また、凪が新たに暮らし始めたアパートの住人・ゴン(中村倫也)の仲間のパフォーマーのエリィ役を演じる水谷果穂さん。現在、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも、川村屋のウエイトレス・佐知子役にも出演中ですが、『なつぞら』での純真無垢で一途な女性のように、これまで清純な役柄が多かった水谷さん、この作品では新境地を見せてくれそうで、並行で出演する『なつぞら』とのギャップも見ものです。

 

『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)では1、2話ゲスト、夏美役でした吉川愛さん。誘拐、監禁され、緊急指令室に通報、緊迫感いっぱいの演技を披露し、視聴者の目を釘付けにしました。

 

吉川さんは「吉田里琴」として子役で活動したあと、2017年に復帰、子役時代の愛らしいイメージから脱皮、最近では最終エピソードで事件のカギを握る少女・未亜役を演じた『緊急取調室』(テレビ朝日系)や、主演の山下智久さんとのやりとりのお芝居が印象的だった『インハンド』(TBS系)など、話題作でインパクトのあるゲスト出演が続き、評価が高まっています。

 

本作では、第3話で拉致されてしまう被害者・葵役を演じる矢作穂香さんにも注目。2009年、「未来穂香」の芸名でファッション誌『ラブベリー』の専属モデルとしてデビューし、その後もモデル、女優として活躍。一時活動休止後、本名で女優活動を再開、ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ/フジテレビ系)などに出演しています。

 

小芝風花さんが関西弁で漫才に挑戦することで話題の『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)では、主人公たちの学園生活を中心に描かれた第一話で、ヒロイン級の愛らしさを発揮していた土屋奈々役の堀田真由さん。主人公・圭右(間宮祥太朗)の幼馴染で、圭右がお笑いを目指すことに複雑な思いを抱きながらも見守り、応援するという役どころです。

 

堀田さんは2014年に所属事務所・アミューズの『オーディションフェス2014』に応募し「WOWOWドラマ賞」を受賞したことをきっかけにデビュー。2017年にNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインの妹役を演じ注目され、以降も『チア☆ダン』(2018年、TBS系)

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年、日本テレビ系)といった学園ドラマなど話題作に多数出演しています。

 

その他の作品では『ノーサイドゲーム』(TBS系)で主人公・君島(大泉洋)が勤めるトキワ自動車で本社の女性社員役で出演している阿部純子さん(藤島レナ役)、山崎紘菜(中本理彩役)、南端まいなさん(吉田夏帆役)も、出番こそ多くないですが、チェックしておきたいです。

 

阿部さんはかつて「吉永淳」の芸名で河瀬直美監督作品『2つ目の窓』(2014年)で主演に抜擢され、一躍注目されました。山崎さんは第7回東宝「シンデレラ」オーディション出身で、これまで月9ドラマ『カインとアベル』(2016年、フジテレビ系)などに出演、9月公開の映画『スタートアップ・ガールズ』で堂々主演を務めます。そして南端さんはアイドルグループ「アイドルネッサンス」の元メンバーで今回が女優デビューとなります。

 

7月クールのドラマでは学園ドラマのようなフレッシュな顔触れが集団で出演する作品はありませんが、7月27日からNHKよるドラ枠で始まる『だから私は推しました』では、桜井ユキさん演じる主人公・愛がハマる地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」のメンバーとして、白石聖さん、松田るかさん、田中珠里さん、松川星さん、天木じゅんさんの5人が出演しています。(※本作については改めてこのコーナーで詳しく紹介する予定です)

 

この夏のドラマからも、次の時代のドラマ、映画界を支えるような女優が出てくることを期待したいです。

文/田中裕幸

 

気になるタレントを検索してみる

 

関連記事

タレメreport一覧へ

 

Page Top