劇団EXILEを代表する演技派俳優「青柳翔」の魅力とは?

タレメreport2015年3月25日6:05 PM

劇団EXILEイチの演技派、青柳翔

劇団EXILEを代表する演技派俳優、青柳翔(あおやぎしょう)。おそらくみなさん、一度くらいは見たことがあると思うのですがご存じでしょうか?TAKAHIROさんを選出したEXILEボーカールオーディションで落選したものの、その卓越した演技力を買われて所属養成所に進学。そして2009年に俳優デビューを果たした、まだ6年目の新進気鋭の俳優さんです。

劇団EXILE初の映画賞受賞

劇団EXILEというと「アイドル的なタレントでは?」などと思われがちですが、彼の演技力には定評があります。映画『ふたたび swing me again』では二番手、『メンゲキ!』では主演を演じ、2012年には武井咲さん、松坂桃李さん主演の『今日、恋をはじめます』で日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞、その後も『サンゴレンジャー』『渾身KON‐SHIN』と主演されています。

2014年は『ゼロの真実~監察医・松本真央』『聖女』『ファーストクラス』『美しき罠~残花綾乱~』と4本の連続ドラマでレギュラーを務めた青柳翔さん。人畜無害な監察医・児玉、エリートから転落したニート・克樹、優秀で冷徹なスマートハイエナ・間宮、そして愛と情熱に振りまわせる若社長・圭一と、様々な役を演じました。熱い激しさも潤滑油となる穏やかさも、ニートのはかなさもエリートの冷たさも演じ分けられる青柳さん。今後のドラマ界において重宝されることは間違いないでしょう。2013年の『雲の階段』の一途な外科医・野上も、優しさのあふれる表情がたまりませんでした。

俳優に学歴は必要か?人気俳優の魅力と学歴の相関性を世代別に比べてみた!

典型的な男前フェイスとナイスすぎるボディー

最近は、さっぱり美少年系のイケメンが人気ですが、青柳さんは183センチの長身、二重に通った鼻、フェロモンの象徴、眼力アップのセクシー涙ぼくろと、ちょっと古風なタイプの顔立ちの“典型的な男前”です。

今年で30歳ですが、やや年上の役を演じても全く違和感を感じさせない落ち着きと、ナイスすぎるボディー。まさに大人セクシー。そして、ひげを生やせばヤンチャ系やワイルド系にもなり、メガネや白衣、スーツでインテリ系にも見え、ひげをそって髪をおろしてラフな格好をすると、爽やか系カワイイ系へと変身。一粒で何度も美味しい俳優さんでもあります。

そのビジュアルや印象の変化は、それぞれの役の魅力をしっかりと演じ分けられるセルフプロデュース能力の高さゆえ。演技経験の浅かった彼が、その落ち着いた演技力で数々の重要な役を射止めてきた事こそ、その証拠といえるでしょう。

主演より脇役で光る?

「EXILE」という看板で初主演したドラマ『ろくでなしBLUES』では、主人公の前田太尊の性格に原作との大きなギャップもあり、原作ファンからの支持が得られず、いまひとつ評価には繋がりませんでした。しかし、劇団での活動や、ドラマ『私が恋愛できない理由』での演技などで、乙女たちの心を少しずつ掴んでいきます。

『私が恋愛できない理由』では、大島優子さん演じる純情で男性経験のない派遣社員が、あこがれの先輩に失礼な扱いを受け、同僚の束縛男に振り回されストーカーされた揚句に「男にだらしないという噂がたったから」とポイ棄てされ派遣も切られる・・・という最悪の事態に陥った際、彼女を癒やすイタリアンシェフを演じられました。

子持ちだけど無骨で無口でイケメンで包容力がある。ついでに決めるときは決めるロマンチックな一面もある、とクズ男二名の存在も相まって、青柳さん演じるシェフにクラクラした女子も多かったようです。この作品以降は、年に2~3本ずつのレギュラードラマ、そしてどんどんメイン役へと近づいています。再び彼の主演ドラマが見られる日もそう遠くないかもしれません。

さて、今クールは日テレ系のあたらしいドラマ枠・日曜ドラマの第一弾『ワイルド・ヒーローズ』の出演が決まっています。主演はドラマ初主演・EXILEのボーカルTAKAHIROさん。『ろくでなしBLUES』以降、久しぶりのEXILE TRIBEドラマです。TAKAHIROさんと青柳さん以外にも、ドラマに舞台に活躍されているメンバーが揃っていますし、劇団EXILEイチの演技派、青柳さんがしっかり二番手を担ってくれています。

新ドラマ枠、EXILE TRIBEドラマ、そしてなにより青柳翔という男前な演技派俳優が、日本のドラマ界に一石を投じてくれそうな予感がします。

文/藤原ゆうこ

 

気になるタレントを検索してみる

 

関連記事

タレメreport一覧へ

 

Page Top