卒業生が続々で変化を続けるハロプロ 卒業後も成功するメンバーとは!?

タレメreport2016年4月4日3:55 PM

昨年末でモーニング娘。のセンターを務めていた鞘師里保さんがグループを卒業。その前には同じくハロー!プロジェクトのグループ・アンジュルムの福田花音さんが卒業。今年に入ってからも、モーニング娘。で鞘師さんの同期だった鈴木香音さんが今春のコンサートツアーをもってグループを卒業。またアンジュルムの田村芽実さんも卒業を発表と、昨年に引き続き、ハロプロ内での大きな変化は続いているようです。

ハロプロが誕生して今年で19年。モーニング娘。のメンバーをはじめ、数多くの卒業生を輩出しています。さて卒業(中途脱退も含む)しても、比較的成功しているといえるメンバーにはどんな人がいるのでしょうか。

指原、松岡はじめ「女性アイドル好き」を公言する“女性”タレントが増加中

卒業後もグループ在籍時の人気を維持するのは簡単ではない

鞘師さんや前・モーニング娘。リーダー・道重さゆみさんのようにグループを卒業してもハロプロに在籍し続ける人、また元リーダー・高橋愛さん、新垣里沙さんのようにハロプロから卒業し独自の活動をする人、そして今回の鈴木さんのように、芸能界を引退し、新たな道に進む人などがいます。ここでは、卒業後も芸能活動を続けている人で成功している人はどんな人がいるのか紹介します。

グループ在籍時には絶大な人気を誇っていたメンバーが、卒業しソロ活動を始めてもそのままの勢いをキープして活動を続けることはなかなか簡単なことではありません。そのメンバーの“単推し”(グループの中でそのメンバー一人だけを応援するファン)もいますが、多くのアイドルファンの心は移ろいやすいもの。若いメンバー、新メンバーに推しを変えるケースも多く見られます。また“モーニング娘。の◯◯”だからこそ人気があり、その冠が外れてから苦戦する人もいます。

グループ時代から応援してくれる固定ファンは心強い存在になりますが、卒業後は、それだけに頼ることなく、独自の強みを打ち出し、芸能界の中でポジションを維持する必要が出てきます。

バラエティ番組でトーク力を発揮する人は強い

その意味で強いのはバラエティ番組で活躍できるメンバー。かつて道重さんが「卒業生の中で“勝ち組”」と話していた藤本美貴さんをはじめ、辻希美さん、そして、良くも悪くもさまざまな話題を提供し、休業からの復帰後もバラエティ番組に多数出演する矢口真里さんなど。

特に藤本さんは“素敵な若奥さん”のイメージでハウス食品のシチューなど多数のCMに出演。ソロ歌手や女優活動中心の卒業生に比べると、テレビで継続して露出を続けることで、その存在感をお茶の間に存分にアピールすることができます。

この“バラエティ”枠、誰もが進出できるわけではなく、個性的なキャラクターや、インパクトがあるのに嫌味を感じない存在感、そしてトーク力や頭の良さ場の空気を読む力などさまざまなタレントとしての素養が必要となります。一昨年11月にモーニング娘。を卒業後、活動休止状態が続いている道重さんも、このジャンルで十分活躍できる能力があると思われますが、一向に復帰の気配がないのは残念なところです。

正統派アイドル歌手から舞台に活路を見出した安倍なつみさん

初期メンバーで、モーニング娘。の“顔”といえる存在だった安倍なつみさん。グループ在籍時からソロ歌手としても活動。卒業後もそのままソロ活動を続けていましたが、2008年頃から本格的にミュージカル女優として活躍。『ドラキュラ』など数多くの名作に出演し、そのパフォーマンス力が評価されています。

演技力と歌唱力を極め舞台で発揮する新垣里沙さん

現役時代からの歌唱力、演技力を武器に外部作品の舞台への出演が相次ぐ新垣里沙さん。2015年にはなんと6本の舞台に出演。稽古期間も含めると一年中ほぼ絶え間なく舞台の活動が続いている形です。規模の大きな作品から小劇場作品まで出演作の幅は広く、その高い表現力に定評があります。

その新垣さんと同期で、同じくリーダーを務めた高橋愛さんは、2012年~2014年に出演した『赤毛のアン』などミュージカルに多数出演しています。

ハロプロ時代よりも卒業後女優として開花した真野恵里菜さん

主に映画で園子温監督や押井守監督など人気監督の話題作に次々と出演する真野恵里菜さん。ハロプロ在籍時は正統派アイドル歌手でしたが、デビュー時はモーニング娘。が実力勝負の傾向が目立ち今と比べてハロプロが地味な印象だった時代、さらにグループアイドル全盛の時代に果敢にソロとして活動…さまざまな逆風のなかで歌手として健闘しながら、同時にスタートしていた女優活動。

その演技力には当時から定評がありましたが、卒業後主に女優活動に重点を置くようになってから魅力が開花した形です。歌手活動の経験も生かして、4月からはミュージカル『グランドホテル』にも出演。さらに4月からはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が決まり、人気女優への歩を確実に進めています。

アナウンサーとして独自のスタンスを確立した紺野あさ美さん

番外編としては、ハロプロから卒業し、大学も卒業後テレビ東京アナウンサーになった紺野あさ美さん。当初はアナウンサーとしての立ち位置に試行錯誤していた時期もあったようですが、元モーニング娘。メンバーだったということを控えず語るようになり、またレギュラー番組『紺野、今から踊るってよ』で“踊るアナウンサー”というキャラクターも定着し、人気アナウンサーの一人になっています。社員ということで安定的に露出があり、ハロプロ卒業生の中ではテレビでの露出度は高いほうだとが多いほうだといえるでしょう。

卒業後の飛躍が楽しみな現役メンバーも

今後も多くの卒業生を輩出していくハロプロ。現状ではやはり上記のように、バラエティで活躍できる人、演技力があり外部主催の舞台(ハロプロメンバー中心の作品ではなく)やドラマなどから声がかかるメンバーは卒業後も活躍できる可能性は高いと思われます。個性派キャラの裏で空気も読めて頭がいい“ももち”ことカントリー・ガールズの嗣永桃子さんなど、今後が楽しみな現役ハロプロメンバーも多数います。

卒業生が活躍することは、現役メンバーたちにとって、芸能界で頑張っていくために気持ち的に大きな支えになるもの。その頑張りに期待したいものです。

文/田中裕幸

 

関連記事

タレメreport一覧へ

 

Page Top