森七菜、清原果耶、平手友梨奈、山之内すず…キラッと光る芸能界 今年の新成人たち2022

#LinQ#アンジュルム#井上玲音#キラッと#センター

タレメREPORT2022年1月7日6:50 PM

今月11日は「成人の日」。今年の新成人(2001年度生まれ)にもキラッと光る逸材が揃います。プロ野球界では昨年大ブレイクしたヤクルト・奥川恭伸投手、ロッテ・佐々木朗希投手、オリックス・宮城大弥投手、サッカー界では昨年の東京オリンピックで大活躍した久保建英選手らが新成人となります。一方芸能界に目を向けると、主に女優、アイドルを中心に逸材が続々。そんな今年の新成人を紹介します。

★“今・旬”の顔ぶれがズラリ、女優・モデルの新成人たち

まず2019年に映画『天気の子』でヒロインの声を演じブレイク、その後も映画、ドラマ、CM、音楽など幅広い活躍をする森七菜さん、昨年はNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』ヒロインを演じ、国民的人気者になった清原果耶さんという“今・旬”の二人が新成人。また2014年の「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、昨年『春の呪い』(テレビ東京系)で地上波連ドラ初主演した髙橋ひかるさんも今年成人式を迎えます。髙橋さんは上記二人と比べると注目されるタイミングが早かったので、意外な気もしますが、昨年で20歳になったばかりです。

そしてこの世代、忘れてはならないのが、平手友梨奈さん。欅坂46の絶対的エースとして活躍後、現在はソロでアーティスト、女優活動を行なっています。昨年は2本の映画でヒロインを務めたのに続き、話題のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の第2シリーズに出演。年末に放送されたNHKドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』での熱演も好評でした。

女優ではこのほか、「さくら学院」出身で、ドラマ『さくらの親子丼 第3シリーズ』(東海テレビ/フジテレビ系)などに出演した倉島颯良さん、2018年「ミスヤングマガジン」に選ばれグラビアで人気になり、最近では女優活動が中心の寺本莉緒さんも新成人です。

また現在バラエティで引っ張りだこの人気、山之内すずさん、“めるる”こと生見愛瑠さんも新成人となりました。

その“めるる”とモデル仲間の香音さん、雑誌『Popteen』のエースとして活躍。今年から『non-no』の専属モデルを務めています。同じく『Popteen』の元人気モデルで、『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)でヒロイン役を演じるなど、女優として活躍する鶴嶋乃愛さん。この二人も20歳なりました。

★“坂道グループ”“48グループ”“ハロプロ”などエース級が続々

一方女性アイドルに目を移すと、例年通り、有望な新成人の宝庫となっています。

まず絶好調、乃木坂46では、昨年は舞台『夜は短し歩けよ乙女』で主演するなど女優としても躍進した久保史緒里さん、『君に叱られた』でセンターを務めた賀喜遥香さん、『ごめんねFingers Crossed』でセンターを務めた遠藤さくらさんら新世代のエース級が続々。さらに北川悠理さん、佐藤瑠果さん、中村麗乃さん、金川紗耶さん、阪口珠美さんが新成人を迎え、グループ内でも層が厚い世代となっています、

櫻坂46でも、グループが「欅坂46」から「櫻坂46」となってからのシングル表題曲でセンターを務める森田ひかるさんをはじめ、藤吉夏鈴さん、武元唯衣さん、増本綺良 さんといった今後が楽しみなメンバーがそろいます。日向坂46でも、影山優佳 さん、河田陽菜さんといった主力メンバーが今年新成人です。

一方“48グループ”でもエース級のメンバーが続々。まずAKB48では、チーム8から今やAKB全体のエースとなった小栗有以さん、同じくチーム8から、日韓合同アイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーとして活躍後AKB48に復帰、小栗さんとともに最新シングル『根も葉もRumor』で大きな存在感を示す本田仁美さん、2020年のシングル『失恋、ありがとう』では表題曲センターも務めた山内瑞葵さんといった主力メンバーが新成人を迎えます。このほか、AKB48では、下尾みうさん、山邊歩夢さんら多くのメンバーが新成人となります。

HKT48ではローティーン時代から“なこみく”として人気者になった矢吹奈子さん、田中美久さんがついに20歳に。矢吹さんは、昨年IZ*ONEの活動を終了、HKT48に復帰、またドラマ『顔だけ先生』(東海テレビ/フジテレビ系)で好演、女優としても注目されました。

SKE48では井上瑠夏さん、末永桜花さん、NMB48では上西怜さんが新成人に。NGT48では清司麗菜さんが新成人になったほか、OGの高倉萌香さんも20歳になりました。そしてSTU48ではセンターを務めたこともある主力メンバー・石田千穂さんが3月で20歳になります。

ハロー!プロジェクトの新成人も主力級が多数。ローティーンのころから活動していたモーニング娘。‘22の羽賀朱音さんもこの3月で20歳になります。そしてモデル活動も行い、女性からの人気も高いアンジュルム・佐々木莉佳子さん、Juice=Juiceの実力派コンビ・段原瑠々さんと井上玲音さん、つばきファクトリーの中でも可憐さが際立つ小野田紗栞さんも新成人メンバーです。

このほかアイドルでは、SUPER☆GiRLSの次世代エースの呼び声が高い樋口なづなさん、
「26時のマスカレイド」の5人目のメンバーとして加入後、人気上昇中の中村果蓮さん、“顔面偏差値”の高さで定評のあるグループ「夢みるアドレセンス」の山下彩耶さん、九州発のアイドルグループ・LinQの涼本理央那さんらも新成人となります。

★“こども店長”加藤清史郎さんが新成人に 「なにわ男子」大西流星さんらジャニーズの新星も

ここまでは女性芸能人の新成人を紹介してきました。女性タレントのほうが男性に比べるとブレイクタイミングが早いため、名前を挙げてわかる新成人を並べるとなると、どうしても女性タレント中心になりますが、もちろん俳優やジャニーズタレントら男性にも注目の新成人がいます。

かつてトヨタ自動車のCMで“こども店長”として国民的人気者になった加藤清史郎さんも20歳に。昨年はドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)に出演し注目されました。その『ドラゴン桜』で健太役の個性的な演技が光った細田佳央太さんも新成人。また昨年はNHK大河ドラマ『青天を衝け』で民部公子/徳川昭武役を演じ、その高貴な姿でファン層を広げた板垣李光人さんも新成人です。

ジャニーズ勢では、昨年華々しくデビューを飾った「なにわ男子」の大西流星さんが新成人。またジャニーズJr.のユニット「美 少年」の那須雄登さん、浮所飛貴さんが、ともにまもなく20歳になります。昨年はドラマ『ザ・ハイスクールヒーローズ』(テレビ朝日系)や、浮所さんは映画『胸が鳴るのは君のせい』で映画初主演するなど俳優としても注目されました。

今回紹介した芸能人では、すでにエース級として活躍している人も目立ちますが、それ以外で、今はまだデビューしたばかりで無名ながら、今後彼女ら彼らを上回る人気、実力のある存在がこの世代から生まれるかもしれません。この先のこの世代にも注目したいものです。

文/田中裕幸

 

Page Top