『今夜の光る君へ』

#段田安則#岸谷五朗#三浦翔平#吉高由里子#瀧内公美

エンタメNEWS2024年3月24日8:00 AM

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第12回「思いの果て」が、24日に放送される。

【濃厚ラブシーン】吉高由里子に柄本佑が覆いかぶさって…


 前回は、兼家(段田安則)の計画により花山天皇(本郷奏多)が退位。為時(岸谷五朗)は再び官職を失うこととなった。まひろ(吉高由里子)は左大臣家の娘・倫子(黒木華)に父が復職できるよう口添えを頼むが、摂政となった兼家(段田安則)の決定を覆すことはできないと断られる。諦めきれないまひろは兼家に直訴するが…。一方、東三条殿では道隆(井浦新)の嫡男・伊周(三浦翔平)らも招いて宴が催され、栄華を極めようとしていた。

 今回は、道長(柄本佑)の妾になることを断ったまひろ(吉高由里子)。為時(岸谷五朗)が官職に復帰する目途もなく、生計を立てるためにまひろの婿を探すことを宣孝(佐々木蔵之介)が提案する。その頃、まひろと決別した道長(柄本佑)はかねてから持ち上がっていた倫子(黒木華)との縁談を進めるよう兼家(段田安則)に話す。一方、姉の詮子(吉田羊)は、藤原家との因縁が深い明子(瀧内公美)と道長の縁談を進めようと図るが…

#吉高由里子#黒木華#瀧内公美#段田安則#本郷奏多

関連リンク

【写真】NHK大丈夫?本郷奏多×井上咲楽の”緊縛プレイ”シーン
【濃厚ラブシーン】吉高由里子に柄本佑が覆いかぶさって…
【衝撃ビジュアル】本郷奏多がツルツルに…出家した花山天皇
【悲しい】直秀の亡骸に手を合わせる道長、まひろの表情は…
【写真43枚】吉高由里子、柄本佑、佐々木蔵之介、ロバート秋山らの”扮装”を一挙紹介

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2318366/full/?anc=013

< >

Page Top