知らないともったいない!?こんなイケメン俳優を輩出していた歴代の仮面ライダー達

タレメreport2015年4月29日10:55 AM

2014年、最も活躍した俳優といえば福士蒼汰さんですよね。『仮面ライダーフォーゼ』後に立て続けにドラマ出演。どんな世代にも愛されるイケメン俳優です。平成仮面ライダーはイケメンコンテスト出身者が多く、若手俳優の登竜門的なポジションになってきています。

平成だけじゃない。昭和にもイケメンが!

何しろヒーローですから、昭和の仮面ライダーもイケメンばかり。当時の言い方ではハンサムでしょうか?初代仮面ライダー、藤岡弘、さんの諭すようなしゃべりや考え方、素敵ですよね。顔だけではなく中身までイケメンです。やはり、今の仮面ライダーに対する絶対的な信頼は、藤岡さんの影響も絶大でしょう。

『仮面ライダーV3』の宮内洋さんも濃い目の整った顔ですし、現在もドラマで色男役などをこなす村上弘明さんは、空飛ぶ『仮面ライダー (スカイライダー)』を演じました。事務所の意向であまり仮面ライダーの話題には触れておらず、時代劇で共演した仮面ライダー好き俳優・京本政樹さんをヤキモキさせたというのはファンにはお馴染みの話です。

『仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』と二年連続でライダーを務めた倉田てつをさんも濃い目のイケメンですね。その後、テレ朝の刑事モノや朝ドラの相手役に選ばれるなど、現在のヒーロー俳優ルートの元祖ともいえる方でしょう。

今ではブレイクへの王道に!?戦隊ヒーローの変遷を俳優からひも解いてみた!

平成ライダーの転機は二代目?

復活したライダー枠、オダギリジョーさん主演の『仮面ライダークウガ』は子ども向け特撮とは思えない高いクオリティで度肝を抜きました。「死ぬほど特撮が嫌い」なオダギリさんでも納得するレベルであったからこそ、今でもなお評価を受け続けているのでしょう。

クウガには二番手イケメンとして葛山信吾さんが出演されています。葛山さんはそれまで、あまり役には恵まれませんでしたが、第三回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリ。その後のジュノンボーイ起用率の高さはここから始まったのかもしれません。この人気を得て、第二弾である『仮面ライダーアギト』からのイケメンシフトが組まれました。

天真爛漫な賀集利樹さん、ドジな弟キャラ要潤さん、影のあるダークヒーローに友井雄亮さんとメイン3ライダーを配置。同時期に放送された『百獣戦隊ガオレンジャー』の金子昇さん、玉山鉄二さん、『ウルトラマンコスモス』の杉浦太陽さんたちも併せて大人気となりました。余談ですが、杉浦さんの弟さんのタカオさんは『仮面ライダー剣』のランスを演じられています。

イケメンてんこ盛り時代に突入!

『仮面ライダー龍騎』では13名+疑似ライダー2名、特別版で更に1名の総勢16人のライダーが登場。この作品では松田悟志さん、涼平(現:小田井涼平)さん、萩野崇さん、弓削智久さんなど、特撮ファンにはおなじみなメンツが出演されました。また、神保悟志さんが当時40歳で、仮面ライダーに変身しています。続く『仮面ライダー555』は特性のある者ならベルトをつければ誰でも変身ができるライダー。実は、あの綾野剛さんも出演されていました。劇中で変身シーンこそはありませんでしたが、過去に仮面ライダーデルタに変身したという描写もあります。印象的な敵であった綾野さん演じる澤田が、主人公を守るために戦い、倒れる回はまさに神回。当時から綾野さんの演技力は素晴らしいものがありました。

ゴールデンルートは電王から?

まだまだ語らなければならない人や作品はたくさんあるのですが、やはり次の大きな転機は『仮面ライダーカブト』『仮面ライダー電王』でしょう。水嶋ヒロさん、佐藤健さんは、どの作品に出ても主演級の俳優さんです。オダギリさん、福士さんと合わせて「ビッグ4」と言えるでしょう。個人的には『仮面ライダーW』で最年少ライダーを演じた菅田将暉さんも含めたいところです。

この頃から、世間も仮面ライダーを捨て置けなくなりました。仮面ライダー龍騎からのエイベックスとのタイアップもあり、子どもの頃に熱烈な視聴者だった俳優や歌手のゲスト出演も増えました。最近も、仮面ライダー3号役を及川光博さんが演じられています。電王では、牙王役で渡辺裕之さん(当時51歳)、『仮面ライダーキバ』では仮面ライダーアークで堀内健さん、『仮面ライダーディケイド』ではライダーマン役でGackt(現:GACKT)さん、シャドームーンに大浦龍宇一さん、『仮面ライダーW』仮面ライダースカルに吉川晃司さん、『仮面ライダーウィザード』に陣内孝則さん、『仮面ライダー鎧武』の仮面ライダーフィフティーンに板尾創路さん、仮面ライダーエターナル、新作では仮面ライダー4号と、松岡充さんは2人のライダーを演じられています。

意外なところでは、平成の方の仮面ライダーアマゾンに、エンリケこと、ヒモモデルで話題のALEXANDER(アレクサンダー)さん。そのあまりにイケメンすぎる容姿が話題になりました。ディケイドのタックルは、広瀬すずさんのお姉さんの広瀬アリスさん。とてもキュートで、出来ればもっと出番を増やしてほしかったほど。意外と出演していたことの知られていない俳優さんも多いですよね。以前よりも、もっともっとヒット俳優の出演が増えている最近のライダー。現在の出演者の今後の活躍が楽しみですね。

文/藤原ゆうこ

 

気になるタレントを検索してみる

 

関連記事

タレメreport一覧へ

 

Page Top